2019年01月16日 17:30

TPCマーケティングリサーチ株式会社、飲料自販機の需要拡大ポイントについて調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回、「月に1回以上」飲料自販機を利用する10代(中学生以上)~60代を対象に、飲料自販機の利用実態や今後のニーズに関する調査を実施。調査の結果、“低価格”“電子マネー対応”“自動販売機の清潔感”の評価の高まりから、「女性」を中心に自動販売機の利用機会がさらに上昇していた。また、「オフィスビル・職場」では、“午後の休憩時”の利用機会が多く、今後は“ラインアップの多様化”や“電子マネー対応”等のニーズが強い。

概要
◆今回、飲料自販機の需要拡大ポイントを探るため、「月に1回以上」飲料自販機を利用する10代(中学生以上)~60代の男女623人を対象に、利用実態や今後のニーズについてのアンケート調査を実施した。なお、同調査は今回で6回目となっており、時系列での分析も交えてレポートしている。

◆その結果、自動販売機の利用機会が増加した割合は「女性」を中心にさらに上昇しており、“低価格”のほか“電子マネー対応”や“自動販売機の清潔感”への高評価が利用機会の増加に繋がっているケースが多い。

◆また、今回自動販売機の有望な設置ロケーションである「オフィスビル・職場」における自動販売機の利用状況を聞いた結果、“午後の休憩時”に自動販売機を利用するケースが多く、今後は“ラインアップの多様化”や“電子マネー対応”をより求めていることがわかった。

◆このほか、自動販売機の利用時にメーカーを意識する人には、メーカー自体の魅力度を高めることが重要となっている。

◆今後の自動販売機には、引き続き定番のコーヒー飲料に加えて多彩な品揃えが求められているほか、サービス面の充実化も不可欠となっている。

◆当レポートでは、上記で挙げた内容以外に飲料自販機に対する強みや弱みなども明らかにしており、今後自販機の価値を高める上で有効なデータとなっている。

【調査内容】
1.普段の飲料の購入状況
2.自動販売機の利用状況
3.「オフィスビル・職場」での自動販売機の利用状況
4.自動販売機の評価・イメージ
5.自動販売機向けスマホアプリの利用状況
6.自動販売機における商品の買い方
7.「自動販売機専用商品」の購入状況・考え方
8.今後の自動販売機の利用意向

TPCコンシューマーレポートNo.273
「シリーズ第6弾 飲料自販機の需要拡大ポイントを探る」
―「オフィスビル・職場」の開拓は“午後の休憩時”への品揃えと“電子マネー対応”がポイント―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr120190394
体裁:A4判カラーコピー製本158頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年12月27日
頒価:360,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.