2019年01月09日 17:00

【ABIリサーチ調査報告】建設業と採鉱のためのロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【調査レポートのサマリー】
2019年1月発行
モビリティ、ナビゲーション、通信の進化と人工知能によって、工場や無菌倉庫以外の環境でのロボットの自動運転が可能になろうとしている。ロボット採用の新開地として、建築と採鉱があげられる。建設業と鉱業はともに巨大な規模の産業である。建設業が統合が進んでいない技術採用の遅れた生産性の乏しい市場であるのに対して、鉱業は技術統合や採用が進み、世界需要による変動による成長がみられている。建設業ではほとんどのビジネスチャンスが未熟だが、鉱業ではすでに自動運転自動車の採用が進んでいる。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】建設業と採鉱のためのロボット」は、建設業と鉱業採掘の環境におけるロボットとその採用の影響を評価している。現在、建設業の専業ロボットは試験中であるが、OEMが提供する自動大型自動車はごく初歩的な操作によって運搬や掘削、発掘、岩盤の採掘などの鉱山での作業を行っている。

Advances in mobility, navigation, communication, and artificial intelligence are enabling robots to become autonomous vehicles not constrained to the factory floor or a sterile warehouse environment. Among the new frontiers of robot deployment are construction and mining extraction. Construction is a multi-trillion-dollar market with very limited consolidation, low technology adoption, and sterile productivity growth. Mining is a multi-billion-dollar industry with well-integrated technology deployment and growth that fluctuates on global demand. While the former vertical is a largely nascent opportunity, mining is already seeing the deployment of autonomous vehicles.

This report assesses the impacts of Robotics and their deployment in the challenging environments of construction and mining extraction. Currently, specialist robots are being tested for construction and automated heavy vehicles supplied by OEM’s are performing tasks around mines, from simple haulage to drilling, excavation and hard rock mining, though operations are at a very early stage of development.

ABI Research believes that mining, and to a lesser extent construction, are well placed to see significant uptake in robot adoption. While only a fraction of the potential market for indoor mobile applications like manufacturing locations and warehouses, these verticals are key to furthering the deployment of robots in challenging environments and laying the groundwork for more general use in the long-term.



ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。



■ 調査レポート ■

【分析レポート:アプリケーション】建設業と採鉱のためのロボット
Robotics for Construction & Extraction
Application Analysis Report
出版社: ABIリサーチ(米国)
出版年月:2019年1月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian4927.html

【サービス区分】ロボット、自動化、情報システム - 技術
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1246


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.