2019年01月21日 18:00

「信頼関係の破壊」の判断のポイントを賃貸人の視点から解説!『契約違反と信頼関係の破壊による 建物賃貸借契約の解除-違反類型別 賃貸人の判断のポイント-』を1月16日(水)発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:服部昭三 http://www.sn-hoki.co.jp/)は、「信頼関係の破壊」の判断のポイントを賃貸人の視点から解説!『契約違反と信頼関係の破壊による 建物賃貸借契約の解除-違反類型別 賃貸人の判断のポイント-』印刷書籍4,320円(税込)、ActiBook(アクティブック)形式電子書籍3,456円(税込)を1月16日(水)に発行しました。
「信頼関係の破壊」の判断のポイントを賃貸人の視点から解説!

◆実務上の重要性が増している建物賃貸借契約について、賃借人による契約違反の類型及び建物・賃借人の種別ごとに契約解除の可否の判断を整理し、分析しています。
◆信頼関係の破壊に関する賃貸人・賃借人の主張と裁判所の判断を対比して掲げたうえで、事実経過及び裁判所の判断理由を示し、解説を加えています。
◆賃貸借契約に関連する事項について、適宜「コラム」を設けて解説しています。


【掲載内容】
第1章 総 論
第1 賃貸借契約の解除について
第2 賃貸借契約の解除に関する法的な手続
コラム 賃借人に不利な規定の有効性
コラム 債権法改正について

第2章 金銭債務不履行
第1 賃料の不払
1 賃貸人の賃料増額請求に対し、賃借人が従前賃料と同額以上を供託していたが、適正賃料額に比して著しく低額であって(適正賃料額2万円に対して供託額2,000円)、長期間著しく低額の供託を継続したことが信頼関係を破壊するとして、契約解除を認めた事例(横浜地判平元・9・25判時1343・71)
2 賃料の支払を1か月分(1万3,000円)でも怠ったときは当然解除となる旨の訴訟上の和解条項に基づく契約の当然解除が認められないとされた事例(最判昭51・12・17判時848・65)
3 店舗の賃貸借契約につき、19日間はエアコンの不具合により貸室は使用収益に適さない状態にあり、その間の賃料は発生しないとされたが、賃借人にはそれ以外の期間4か月弱分、43万6,485円の賃料未払があるとして、解除を肯定した事例(東京地判平26・8・5(平25(ワ)31726・平26(ワ)13214))
4 店舗の賃貸借契約につき、約2か月分の賃料不払等約298万円及び敷金の一部不払200万円があるものの、賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるとして、解除が否定された事例(東京地判平24・10・3(平24(ワ)10805))
5 漏水事故を理由に5か月分(137万2,500円)の賃料の支払を止めた場合において、賃料の支払を止めるに至った経緯及びその後の滞納解消等の経過をもって、契約解除が否定された事例(東京高判昭54・12・18判時956・65)
6 修繕を要すとして、賃借人が減額した賃料の支払を継続した場合に(差額36万5,250円)、減額がやむを得ない不具合であること、賃借人が入居当初に不具合を主張してから4か月以上改善されなかったこと等の事情を勘案し契約解除が否定された事例(東京地判平23・12・15(平23(レ)462・平23(レ)881))
第2 電気料金の不払
7 賃借人が、賃料は支払いつつ、電気料金とごみ処理費用(電気料金3か月分及びごみ処理費用1か月分、合計約46万円)のみ意図的に賃貸人に支払わなかった場合に、賃貸借契約の解除が認められた事例(東京地判平28・7・28(平27(ワ)34152))
第3 更新料の不払
8 更新料支払の合意は法定更新の場合にも適用されると判断した上、更新料の不払を理由とする建物賃貸借契約の解除が認められた事例(東京地判平5・8・25判時1502・126)
9 更新料の支払を定める特約の有効性及び解除の効力等が争われた事案において、特約の有効性を認めつつ、賃借人がそれまで請求を受けていなかった過去4回分の更新料について突如一括して催告を受けたために支払を拒絶したとしても、それのみでは信頼関係の破壊は認められないとした事例(東京地判平23・2・25(平22(ワ)33088))
第4 信用不安
10 賃借人の保証金について国税滞納処分による差押えがなされた場合に、著しい信用不安を理由とする契約解除が認められなかった事例(東京地判平22・3・16(平21(ワ)12359))

第3章 無断転貸及び無断譲渡


第4章 無断増改築


第5章 利用に関する違反行為等

第6章 商業テナント特有の問題

第7章 賃貸借契約における信頼関係破壊法理に付随する諸問題

索 引
〇判例年次索引

※第3章以降の細目次は省略してあります。



【新日本法規出版株式会社が運営する販売サイト】
▼webショップ(新日本法規出版株式会社が提供する法律書籍販売サイト)
『契約違反と信頼関係の破壊による 建物賃貸借契約の解除-違反類型別 賃貸人の判断のポイント-』
(印刷書籍)
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_5100047.html?PR

▼eBOOKSTORE(新日本法規出版株式会社が運営する法律の電子版書籍コンテンツ販売サイト)
『【電子版】契約違反と信頼関係の破壊による 建物賃貸借契約の解除-違反類型別 賃貸人の判断の
ポイント-』(電子書籍)
http://ebook.e-hoki.com/item/bookdetail.html?id=102824PR
形式: ActiBook(アクティブック)



【書籍情報】
書 名 :契約違反と信頼関係の破壊による 建物賃貸借契約の解除-違反類型別 賃貸人の判断の
     ポイント-
編 集 :弁護士法人 御堂筋法律事務所
定 価 :<印刷書籍>4,320円(本体価格4,000円+税)
     <電子書籍(ActiBook形式)>3,456円(本体価格3,200円+税)
発行日 :2019年1月16日
体 裁 :B5 308頁
発 行 :新日本法規出版株式会社
ISBN  :<印刷書籍>978-4-7882-8497-5
     <電子書籍(ActiBook形式)>978-4-7882-8498-2


【本書に関する報道・メディア関係のお問い合わせ先】
新日本法規出版株式会社(http://www.sn-hoki.co.jp/
営業局 推進部 担当:松浦
E-mail : web-marketing@sn-hoki.co.jp
TEL : 052-211-5785
FAX : 052-211-1522
公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ShinnipponHoki/
公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/SHINNIPPON_HOKI
  • 教育、資格、スキル

会社概要

新日本法規出版株式会社
商号
新日本法規出版株式会社(シンニッポンホウキシュッパンカブシキガイシャ)
代表者
服部 昭三(ハットリ ショウゾウ)
所在地
〒460-8455
愛知県名古屋市栄1丁目23番20号 
TEL
052-211-5788
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
http://www.sn-hoki.co.jp/
公式ブログ
http://www.e-hoki.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.