2019年02月12日 12:30

「名古屋をコーヒー文化にする」ために!バリスタツールがさわれる空間note coffee & tools設立のためのクラウドファンディングをスタートしました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋市内にコーヒーセミナールームや直営カフェを構えるコーヒー専門企業『note合同会社』(所在地:名古屋市千種区)が、2019年2月9日(土)よりクラウドファンディングの支援を募集開始しました。

集まった資金は、プロのバリスタや一般向けのコーヒー器具を販売する店舗『note coffee & tools』の設立に利用される予定です。


【名古屋をコーヒー文化にするために】
「名古屋は喫茶文化」であると様々なメディアで呼ばれており、一般のイメージも同じように浸透していますが、一方で「名古屋はコーヒー文化」と呼ばれることはそうありません。

こうした現状を変えるため、note合同会社はこれまでカフェ開業サポートや大学での講義、直営カフェなどを通して「コーヒーの知識の普及」に努めてきましたが、その活動のなかで消費者の多くから「コーヒー器具はどこで買えばいいの?」という質問を数多く受けてきました。

その経験から「誰もが気軽に専門的なコーヒー器具に触れられる」空間の存在が、今後の名古屋の「コーヒー文化の発展」のポイントになると考え、コーヒー器具専門店「note coffee & tools」の設立準備を始めたのです。

クラウドファンディングで集まった資金は、note coffee & toolsの備品購入費や、特に普段あまり利用される機会の少ないプロ向けのコーヒー器具の仕入れに使われる予定です。詳細・支援はこちらから↓
https://camp-fire.jp/projects/view/118959

【クラウドファンディング概要】
タイトル:プロのバリスタが使えるコーヒー器具専門店を名古屋に!コーヒー企業の新たな挑戦
募集期間:2019年2月9日(土)~2月27日(水)
目標金額:50万円
最低支援金額:1,000円~
開始3日ですでに25名のご支援をいただいております。

【note合同会社について】
note合同会社(所在地:名古屋市千種区)は、2015年の個人事業としての開業以来(当時の店舗名はseminar box note)、年間1000回以上のセミナーを毎年開講。多くのカフェ開業やバリスタ育成に関わってきました。また、2017年には直営カフェnote coffee houseも設立し、東海BEST200軒のカフェなどにも選ばれています。
そうした実績も認められ、名古屋文理大学や名古屋ユマニテク歯科製菓専門学校ともコーヒーの講師契約を結んでおり、毎年コーヒー専門企業として多くのメディア様より取材していただいております。
これまでは名古屋・東海地方でのコーヒーの知識・技術の普及を目指していましたが、さらなるステップアップとしてコーヒーそのものを身近に感じられる場所づくりを目指しています。

ホームページ:http://note.partners
  • 飲食、料理

添付資料

  • クラウドファンディング募集資料

会社概要

商号
note合同会社(ノートゴウドウガイシャ)
代表者
舟戸 貴織(フナト タカオ)
所在地
〒464-0032
愛知県名古屋市千種区猫洞通り5-15 MSビル3F
TEL
052-751-2140
業種
飲食
上場先
未上場
会社HP
http://note.partners

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.