2019年02月14日 16:00

株式会社プラチナエッグ、運営中のクリプトダービーにて、Crypto Kanojoとのバレンタインコラボレーションによる限定競争馬の配布を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社プラチナエッグ(東京都文京区本郷、代表取締役:竹村也哉)は、運営中のオンラインゲーム・クリプトダービーにて、株式会社デジタルクエスト(東京都港区六本木、代表取締役社長:鮫島 洋幸)のCryptoKanojoとのコラボレーションとしてバレンタインデーイベントを行うことを、2月14日、発表致しました。

期間
2/14~2/21
対象
両アプリへ Ethereumのwallet addressの登録を行うこと

株式会社プラチナエッグの CryptoDerby ( https://cryptoder.by/ ) はDApps2.0を目指し、グラフィック、トランザクション速度、ユーザー体験などについて今までのDAppsとは一線を画するブロックチェーン競走馬トレーディングゲームとして開発が進められており、2019年初頭にリリース致しました。

CryptoKanojoについて
全く同じものが存在しない女の子型トークン「CryptoKanojo」を収集し、実際に触れ合ったり、カノジョ同士を合成させて、新しいカノジョを生成できるコレクティブゲームです。
手に入れたカノジョは、レンタル・売却することで、仮想通貨イーサリアムを獲得することが可能です。
CryptoKanojoの表現技法にLive2D技術を組み込んでいるため、実際にカノジョ(トークン)に触れることができ、さらにそのコミュニケーション量に応じて、カノジョからの好感度と反応が変化していきます。
世界で一つだけの、あなただけのカノジョと「ツンツンナデナデ」といったイチャイチャしたコミュニケーションをとることができます。

プレセールでは36時間ですべてのカノジョが即売。同時に「トークンとイチャイチャ」という新しいキーワードが話題を呼び、15媒体以上のメディアに掲載されました。
また、世界初となるトークンをリアルカードにしてお届けするプロモーションを秋葉原で展開し、約3,000人のお客様が参加されました。
・CryptoDerbyについて
CryptoDerbyは「競馬ワールドのすべてをあなたの手に」をコンセプトに開発されている、日本発の次世代ブロックチェーンゲームです。

ブロックチェーンを使うことにより、競走馬のパラメータだけではなく、競馬場やレース、その他の資産も扱うことを可能にした全く新しいタイプのゲームです。
各種ブロックチェーンゲームのビジネスは活性化しており、その中でのトップランカーとなるべく開発を進めております。
Crypto Derbyの特徴
既存のブロックチェーンゲームの問題点である

●ユーザーが少ない
●ウォレットアプリが必要
●お金稼ぎが単純
●動作が遅い
●世界的な法律が異なる
●グラフィックスのクオリティが低い
●ゲームがそもそもつまらない
これらをすべて解決するために

●ユーザー数を広くとったプロダクト
●ウォレットアプリ不要
●稼ぐ仕組みの多様化
●早いリアクション, UX
●国ごとの法規制対応
●3D HiGH QUALITY GRAPHICS
●面白いゲーム!

を目指して開発を続けております。

http://cryptoder.by/

twitter, line@などでの情報も適宜公開中です。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社プラチナエッグ(カブシキガイシャプラチナエッグ)
代表者
竹村 也哉(タケムラ ナリヤ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-29-1 渡辺ビル101
TEL
050-5534-6499
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.platinum-egg.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.