2019年03月05日 09:00

経済法令研究会から3月1日(金)に発行された書籍「ダイジェスト 金融商事重要判例[平成30年版]」の中でOMM法律事務所の大塚和成弁護士及び市橋卓弁護士が会社法に関連する裁判例について執筆しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OMM法律事務所の大塚 和成弁護士及び市橋 卓弁護士が執筆に参加した書籍「ダイジェスト 金融商事重要判例[平成30年版]」が2019年3月1日(金)に経済法令研究会から刊行されました。

2019年3月1日(金)に「ダイジェスト金融商事重要判例[平成30年版]」が刊行され、その中で、OMM法律事務所(東京都千代田区平河町2-2-1 平河町共和ビル4階)の大塚和成弁護士及び市橋卓弁護士が会社法に関連する裁判例について執筆しました。経済法令研究会が発行する月刊誌「銀行法務21」において連載中の「金融商事実務判例紹介」をまとめた年度版になります。

大塚和成弁護士は、案件を担当することで多くの最先端の会社法裁判例の形成に関わり、また、数多くの経営支配権争いに関わる案件を攻守両側で担当してきました。昨年中には、21LADY株式会社(名証セントレックス:3346)及び株式会社イメージワン(東証JASDAQ:2667)におけるプロキシーファイト(委任状争奪戦)・社長解任劇を提案株主側で成功させております。また、最近では、株式会社廣済堂(東証1部:7868)のMBO案件に、社外監査役及び創業家大株主の顧問弁護士として関与していることが報道されています。

本書の68-72頁に掲載されている一覧表は、平成30年中に主要判例誌4誌(金融・商事判例、判例時報、判例タイムズ及び金融法務事情)に登載された会社法に関連する裁判例を大塚和成弁護士が漏れなく抽出してまとめたものです。
大塚和成弁護士は、平成15年版から数えて16冊目、この間毎年、同じ作業を続けております。

【書籍情報】
書 名:銀行法務21 2019年3月 増刊号 ダイジェスト 金融商事重要判例[平成30年版]
著 者:柳田 幸三 監修 浅井弘章・石毛和夫・大塚和成・河津博史・谷本誠司・水野信次・市橋卓
発売日:2019年3月1日
定 価:1,296円(税込)
体 裁:B5版

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/ommlawoffce/

【 本件に関するお問合せ 】
OMM法律事務所
https://omm-law.com/
TEL:03-3222-0330(代表)
FAX:03-3222-0331(代表)
E-mail info@omm-law.com 担当者:佐藤
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
OMM法律事務所(オーエムエムホウリツジムショ)
代表者
大塚和成(オオツカカズマサ)
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-2-1 平河町共和ビル4F
TEL
03-3222-0330
業種
法務、税務
上場先
未上場
会社HP
https://omm-law.com/
公式ブログ
https://www.facebook.com/OtsukaKazumasaLaw/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.