2019年03月20日 11:00

Microchip、PIC(R) MCUとSAM MCUのソフトウェア開発フレームワークを統一したMPLAB(R) Harmony Version 3.0を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[NASDAQ: MCHP] - 基本的なデバイス コンフィグレーションからリアルタイム オペレーティング システム(RTOS)を使った設計まで、32ビット マイクロコントローラ(MCU)アプリケーションは複雑さと開発モデルの点で多岐にわたります。設計の簡素化または拡張を支援するため、Microchip Technology Inc. (日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、統合ソフトウェア フレームワークであるMPLAB(R) Harmony Version 3.0 (v3)をリリースし、SAM MCUを初めてサポートしました。このパワフルな開発環境は、Microchip社の32ビットPICおよびSAM MCUのサポートを漸次追加しており、各種エンド アプリケーションの要件を満たす選択肢を増やしています。このVersion 3.0では、wolfSSL社とのパートナーシップによるロイヤリティ フリーのセキュリティ ソフトウェアや、アプリケーションの要件に基づいてソフトウェアの一部のみダウンロードできるモジュール式ソフトウェア ダウンロード等、設計を効率化するための機能も追加しています。

MPLAB Harmony v3は各種アーキテクチャ、性能、アプリケーションに柔軟な選択肢を与える統一プラットフォームであり、開発者が自分のコンピュータ上で習熟、保守するのは1つの環境だけで済みます。MPLAB Harmony Version 3.0は、基本的なデバイス コンフィグレーションからリアルタイム オペレーティング システム(RTOS)を使ったアプリケーションまで、各種ソフトウェア開発モデルをサポートしています。MPLAB Harmony Version 3.0を使うと、ソフトウェア スイートの一部のみ必要な時にソフトウェア全体をダウンロードする必要はありません。例えば、アプリケーションの要求に応じてデバイスドライバまたはTCP/IPスタックのみをダウンロードして時間とハードディスク容量を節約できます。開発をさらに効率化するため、本ソフトウェアは簡素化されたドライバと最適化された周辺モジュール ライブラリを備えています。これによりローレベル ドライバに費やす時間と労力を低減し、アプリケーションの差別化に集中できます。

「Microchip社は、MPLAB Harmonyをより柔軟で、より機能豊富で、使いやすいものにすべく改善を続けます」とMicrochip社32ビット マイクロコントローラ部門副社長のRod Drakeは述べています。「HarmonyエコシステムにSAM MCUが追加された事で、プラットフォームのコードの相互運用性、最適化された周辺モジュール ライブラリ、広範なミドルウェア サポートを利用して迅速に開発を進める事ができます。」
お客様の組み込みセキュリティ設計サイクルを短縮するため、Microchip社はwolfSSL社と提携して同社のセキュリティ スイート ソフトウェアの要素をMPLAB Harmony v3に実装しました。wolfSSL社との複数年契約を利用すると、すぐに使えてスピード、サイズ、移植性、規格への準拠を重視したロイヤリティ フリーのソフトウェア セキュリティ ソリューションが使えます。お客様は契約中いつでも無償の商用ライセンスを使って量産する事ができ、wolfSSL社のスイート(wolfSSL TLSライブラリ、wolfMQTTクライアント ライブラリ、wolfSSH SSHライブラリ)を利用できます。


開発ツール
SAM MCU向けXplained ProおよびUltra評価用プラットフォームはMPLAB Harmony v3でサポートするようになりました。MPLAB HarmonyはMPLAB X統合開発環境(IDE)と緊密に連携し、Microchip社MCUで統一したソフトウェア開発環境を提供します。PIC32 MCUファミリと関連開発プラットフォーム(例: Curiosityボード)はMPLAB XおよびHarmony開発プラットフォームで引き続きサポートされます。MPLAB Harmonyは、サードパーティ ソリューション(RTOS、ミドルウェア、ドライバ)も組み込み開発フレームワークにシームレスに統合しています。


在庫/供給状況
MPLAB Harmony Version 3.0は、Microchip社のウェブサイトからダウンロードできます。以下のファミリはMPLAB Harmony v3でサポート済みです。
・SAM E/S/V7x
・SAM C21/C20
・SAM D21/D20

以下のファミリは現在ベータサポートです。
・SAM D/E5x
・PIC32MZ EF
・PIC32MZ DA
・PIC32MK
その他の32ビットSAMおよびPIC32 MCUファミリは2019年中旬までに漸次サポートして行きます。 今後リリースするMCUファミリのも漸次サポートして行きます。詳細はMicrochip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。


リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。
・アプリケーション画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/40347148123


Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションの半導体トッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で125,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社(マイクロチップテクノロジージャパンカブシキガイシャ)
代表者
吉田 洋介(ヨシダ ヨウスケ)
所在地
〒105-0013
東京都港区浜松町 1-10-14 住友東新橋ビル3号館4階
TEL
03-6880-3770
業種
その他IT関連
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.