2019年03月26日 09:00

長期修繕計画がないマンションへの救世主「長期修繕計画エコノミープラン」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンションの長期修繕計画といえば、建物を長く安心して使うために欠かせないマンションのライフプランであり、修繕積立金の額の算出根拠にもなる重要なものです。

とはいえ、今ほどマンションの修繕積立金の不足や長期修繕計画の重要性が叫ばれるようになったのはごく最近のこと。

築年数の経ったマンションや分譲実績のあまりない分譲会社のマンション、小規模な管理会社に管理を委託しているマンションでは、長期修繕計画がないというケースは今も珍しくありません。

その場しのぎの修繕を場当たり的に繰り返し、なんとか綱渡りしているようでは、建物の老朽化と居住者の高齢化を前に、今後ますます厳しくなってくるでしょう。

そこで、業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)とマンション管理組合向けコンサルティングを行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、長期修繕計画作成エコノミープラン(350,000円~+税)を3月25日(月)より開始しました。

もともと長期修繕計画がないというマンションはもちろん、長く見直しをしていない、手元の計画は項目が大雑把で信憑性に欠ける、といったマンションにもご活用頂きたいサービスです。

長期修繕計画作成エコノミープランの3つの特長

(1) 待ったなしの状態だから「早く!安く!」
通常ゼロから作成する場合、建物の広さや種類・数量など作成に必要な数量の算出に時間を要し、費用も高額になります。
ですが、長期修繕計画はあくまでシミュレーション、精緻な内容を求めすぎて時間や費用ばかり掛けていては本末転倒です。
本サービスでは、マンション管理センターの長期修繕計画作成・修繕積立金算出サービスを活用することで、安価にスピーディに、概算の長期修繕計画を作成します。

(2) 組合の方針に沿って、カスタマイズも
マンション管理センターの長期修繕計画作成・修繕積立金算出サービスを活用して作成したものをもとに、あと何年持たせるつもりなのか?最低限の修繕だけでいいのか?バリューアップを狙うのか?といった、管理組合の維持修繕に関する方針があれば、長期修繕計画へ反映することも可能です。

(3) 修繕積立金増額に向けたコンサルティングまでサポート
新たな長期修繕計画から修繕積立金の不足が発覚したら、次に取り組むべきは修繕積立金の増額です。
管理組合向けコンサルティングの実績豊富な当社であれば、作成した長期修繕計画を根拠とした修繕積立金増額に向けた管理組合のサポートも可能です。(別途費用)

くわしくはこちら・・・https://www.s-mankan.com/news/4156/


----本件に関するお問い合わせ先----
株式会社さくら事務所 マーケティング・コミュニケーション部 川崎
TEL:03-6455-0726  press@sakurajimusyo.com
~不動産の達人~ 株式会社さくら事務所
https://www.sakurajimusyo.com/
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社さくら事務所(カブシキガイシャサクラジムショ)
代表者
大西 倫加(オオニシ ノリカ)
所在地
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー101
TEL
03-6455-0011
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.sakurajimusyo.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.