2019年03月29日 17:30

TPCマーケティングリサーチ株式会社、カフェ・喫茶店のエリア別バイヤー・サプライヤーについて調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年度のカフェ・喫茶店市場は、1兆1,788億円規模となった。このうち、今回調査を行ったカフェ・喫茶店のドリンクメニューは、前年比0.8%増の8,982億円となり、全体の76.2%を占めている。これは、コーヒー需要の増加に伴い、コーヒーやアレンジコーヒーが市場をけん引したことが背景にある。当資料では、全国のカフェ・喫茶店企業、サプライヤー企業それぞれ約100社分の情報を掲載。さらに、中堅カフェ・喫茶店企業15社をピックアップし、各社の取引状況及びドリンクメニューごとの商品傾向等も分析している。

概要
◆2018年度の外食産業市場は、前年比0.1%増の25兆5,924億円とほぼ前年並みに推移。このうち、カフェ・喫茶店の占める割合は4.6%の1兆1,788億円であり、ここ数年は概ねこの水準で推移している。また、今回調査を行ったカフェ・喫茶店のドリンクメニューは前年比0.8%増の8,982億円となり、カフェ・喫茶店市場全体の76.2%を占める結果となった。具体的にみると、増加傾向にあるコーヒー需要に支えられ、コーヒーやアレンジコーヒーのメニューがけん引役となり伸長した。

◆さらに、今回の調査はカフェ・喫茶店のバイヤー・サプライヤーに着目。カフェ・喫茶店企業におけるドリンクメニューの原材料の仕入れ状況をみると、主にメーカーあるいは卸売業者・商社を介して行われることが多い。また、コーヒー豆に関しては、自社自ら産地に赴き生産農家と契約して仕入れを行うケースも少なくない。この他、アレンジコーヒーはラインアップの広がりに伴い、仕入れる原材料の幅も広がっている。なお、こうした原材料の仕入れ交渉や決定権は、全般的に本社あるいは本部が担っており、FC店が展開するオリジナルメニューの仕入れについても原則として必ず本社や本部を通さなければならないことがわかった。

◆当該資料では、全国のカフェ・喫茶店企業、サプライヤー企業それぞれ約100社分の情報を掲載。その中で、弊社がピックアップした中堅カフェ・喫茶店企業15社においては、細かい原材料の仕入れルートや仕入れ基準を調査しているほか、ドリンクメニューの種類ごとの売上高や商品傾向を分析している。全国のカフェ・喫茶店に関するバイヤー・サプライヤーの取引状況を明らかにし、カフェ・喫茶店向けの営業開拓の一助となるデータとして提案する。

TPC市場調査レポート
「2019年 カフェ・喫茶店のエリア別バイヤー・サプライヤー調査」
―アレンジコーヒーのバリエーション拡充で原材料の仕入れが多様化!―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120190441
資料体裁:A4判182頁
発刊日:2019年3月29日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.