2019年04月12日 16:00

日本一過酷な山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」のノンフィクション。『激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~』(集英社・刊)、4月19日(金)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年8月に8日間にわたって開催された日本一過酷な山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」にNHK取材班が完全密着。標高3,000メートルの山中で繰り広げられる、選手たちの熱き人間ドラマ。未公開エピソード満載の疾走ノンフィクション! 2018年10月『NHK BSプレミアム』で放送され、大反響を呼んだ番組の待望の書籍化!!
●「トランスジャパンアルプスレース」とは?
・行程/富山湾→(北・中央・南)日本アルプス縦断→駿河湾
・距離/415キロ
・リミット/8日間以内
・累積標高差/2万7000メートル(富士山登山7回分)
・宿泊先/山小屋は不可。露営(テント、ツェルトなど)のみ
・幻覚、幻聴/ほとんどの選手が体験
・参加選手/30名(2018年大会)
・賞金、賞品/一切なし

●参加選手たちの言葉
「最初からできたことなんてひとつもない」(近内京太)
「逃げてばかりの人生にケリをつけたい」(秋元恒郎)
「京都消防の代表として静岡消防には負けられない」(江口航平)
「肉離れで死んだ人など聞いたことがない」(及川耕太郎)
「1日100回くらい、やめたいと思う」(片野大輔)
「完走するかしないか、この先一生の酒の味に影響する」(有吉俊博)
「おっかさん、ありがとう」(男澤博樹)
「俺の人生は、大浜海岸で終わる」(垣内康介)
「結婚してください」(鹿野颯太)
「痛いのは気のせい。身体は心が動かす」(岡田泰三)
「このレースの面白さは……あまりない!!」(望月将悟)

【書籍情報】
『激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~』
著者:齊藤倫雄&NHK取材班
発売日:2019年4月19日(金)
定価:本体1,600円+税
ページ数:340ページ
ISBN978-4-08-781673-0
集英社刊

【著者プロフィール】
齊藤倫雄(さいとう みちお)
1973年生まれ。熊本県水俣市出身。東京大学文学部卒。1997年NHK入局。金沢放送局、文化福祉番組部、NHKエデュケーショナル特集文化部などを経て現在、編成局コンテンツ開発センター チーフ・プロデューサー。2012年トランスジャパンアルプスレースのノンフィクション書籍『激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km』(小社刊)を執筆。


  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.