2019年04月22日 14:00

日本モレックス、誤嵌合および端子脱落の防止機能を備えた11A対応の電線対基板用コネクター「L1NK 396コネクターシステム」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年4月22日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は本日、極性キー機能および端子位置固定(TPA)機構によって誤嵌合や端子脱落を防止可能な電線対基板用コネクター「L1NK 396(リンク サンキュウロク)コネクターシステム」を発表しました。

モレックスのL1NK 396コネクターシステムは、電流定格11.0Aに対応した単列3.96mmピッチの電線対基板用コネクターです。L1NK 396は、ヘッダー、リセプタクル、圧着端子、TPAから構成されたコネクターシステムで、極数は2から6極、圧着端子はAWG18から20の電線に対応しています。

L1NK 396コネクターのリセプタクル側に装着するTPA機構は、リセプタクルに装着したワイヤーハーネスの端子部分を所定の位置に固定することで端子の脱落を防止し、ヘッダーとの確実な接触信頼性をもたらします。

L1NK396コネクターシステムの主な特徴

・ 極性キーによる誤嵌合の防止

・ クリック音で嵌合を確認できるポジティブロック機構

・ V-0難燃性およびグローワイヤー対応の樹脂を用いることで、電気要件に関する欧州規格に適合

・ 260°Cのリフロー処理に利用可能なリフロー対応ヘッダー

本コネクターは、食洗器、冷蔵庫、洗濯機などの白物家電分野、診断装置や患者モニタリング機器などの医療機器分野、ルータ、スイッチ、サーバ、ストレージなどのテレコム/ネットワーキング分野、組立ラインや食品・飲料製造装置などの工業分野のほか、ゲーム機、プリンタ、スキャナ、セキュリティシステム、自販機などの幅広い用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/L1NK396.html をご覧下さい。



モレックスについて
モレックスは世界中のお客様に電子ソリューションを提供するため、日々技術革新に取り組んでいる。モレックスは世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、家電、インダストリアル、自動車、商用車および医療など数多くの市場に、各種接続システムをはじめとした最適な電子ソリューションとサービスを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
梶 純一(カジ ジュンイチ)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.