2019年04月17日 10:00

北の食卓を拓く! 戦時中に私財をなげうって北海道女子栄養学校(現・北海道文教大学)を創設した明治女のパワフル人生記 『北海道・栄養学校の母 鶴岡トシ物語』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『北海道・栄養学校の母 鶴岡トシ物語』を2019年4月2日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。

◆グルメ王国北海道の礎を築いた教育者夫妻の歩みに迫る!
現在、食料自給率約200%を誇る北海道。しかし昭和初期まで同地では、食料不足に苦しんだ人々が大勢いました。大正時代に札幌へ移住した鶴岡トシと鶴岡新太郎夫妻は、20年の歳月をかけて、道内初となる栄養士養成学校を創設。グルメ王国北海道の礎を築いた教育者夫妻の歩みを、日本の栄養史の視点から迫る一冊です。

【健康こそ家族の幸せ、日本のちから】
第1章 北海道 明治の食事情
第2章 下町のジェントルマン、札幌へ
第3章 越後女の誇りに賭けて
第4章 誕生、戦時下の栄養学校
第5章 食卓に栄養と幸せを
第6章 清く、正しく、雄々しく進め

著者:佐々木ゆり(ささき ゆり)
1960年、管理栄養士。北海道生まれ。東京農業大学短期大学部栄養学科卒業。ホテル、外食企業などを経てライターに。雑誌を中心に、飲食店ガイドから医療・健康ものまで幅広い分野で取材執筆活動を行うほか、多彩な経験をいかして、百貨店やフードショーなどでの食品展企画運営も行う。2012年には日本食品科学工学会第59回大会にて特別展「防災栄養」を企画運営。
監修:鈴木武夫
学校法人鶴岡学園理事長。1931年、福島県生まれ。1954年、大東文化大学を卒業。1958年より現在まで60余年にわたり私学経営・教育に携わる。
監修:浅見晴江
学校法人鶴岡学園事務局長。1966年学校法人鶴岡学園北海道栄養短期大学入学。鶴岡学園の創設者である鶴岡トシ理事長・北海道栄養短期大学学長(当時)に直接師事する。

(著者)佐々木ゆり
(価格)1600円+税 
〈発売日〉2019年4月2日 
〈出版元〉ビジネス社
  • 教育、資格、スキル

添付資料

会社概要

商号
株式会社ビジネス社(カブシキカイシャビジネスシャ)
代表者
唐津 隆(カラツ タカシ)
所在地
〒162-0085
東京都新宿区矢来町114 神楽坂高橋ビル5階
TEL
03-5227-1602
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
http://www.business-sha.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.