2019年04月17日 18:00

【ABIリサーチ調査報告】ブルートゥースビーコン技術:利用ケースとビジネスチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【調査レポートのサマリー】
2019年4月発行
当初の高い期待にもかかわらず、リアルタイム位置情報システム(RTLS)のための低出力ブルートゥース(BLU)ビーコンの採用は市場の思惑ほどには進まなかった。しかし、今後2、3年でのビーコン採用の大きな成長を示す重要な指標がある。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】ブルートゥースビーコン技術:利用ケースとビジネスチャンス」は、BLUビーコンの技術、既存企業の様々な尽力、個々の産業への影響などを分析している。

BLUビーコンの利用ケースは、資産追跡、人物追跡、屋内ナビゲーション、近接サービス、監視などである。生産ラインの合理化、サプライチェーン可視化の促進、資産の盗難や紛失の削減、機械の状況監視、クライアントとの双方向性増進などを望む企業に採用されている。採用が見込まれる産業は、医療、製造業、小売業、個人とペットの追跡、観光業、公共ベニュー、スポーツ、交通運輸・物流、金融などである。

Despite the initial high expectations around the deployment of Bluetooth Low Energy (BLE) beacons for Real-Time Location Systems (RTLS), adoption has been slower than initially thought by the market. Still, there are important indicators that beacon deployments will grow considerably in the next few years. This report analyzes the technology behind BLE beacons, the various ways in which these are leveraged in establishments and how they impact each vertical differently.

Use cases for BLE beacons include asset tracking, people tracking, indoor navigation, proximity services, and monitoring. They are deployed by businesses wishing to streamline their production, gain visibility into the supply chain, suppress theft and loss of assets, monitor the health of machines, and increase client interaction, among others. The verticals considered in the report include Healthcare, Manufacturing, Retail, Personal and Pet Trackers, Hospitality, Public Venues, Sports, Transportation and Logistics, and Financial.

The report also sets out to understand the barriers that have led to the relatively slow adoption of beacons, the factors that affect the scalability of models in this market, and the ways businesses have found to overcome such difficulties. Drivers, challenges, and forecasts of each vertical are analyzed separately and case studies are given to illustrate the arguments contained in the report. A discussion is also made around different methods of proving and achieving ROI in these verticals.



ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。



■ 調査レポート ■

【分析レポート:アプリケーション】ブルートゥースビーコン技術:利用ケースとビジネスチャンス
Bluetooth Beacon Technologies: Use Cases and Market Opportunities
Application Analysis Report
出版社: ABIリサーチ(米国)
出版年月:2019年4月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian5072.html

【サービス区分】Wi-Fi、ブルートゥース、無線接続
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1251

【サービス区分】位置情報技術
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1244


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.