2019年04月24日 15:00

平成最後の「盲導犬ふれeye募金」を実施しました。 ~4月の最終水曜日は盲導犬について知るきっかけに~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、目の総合健康企業として盲導犬の育成支援を行っております。4月は盲導犬育成支援強化月間として、京都府のほか、支社のある東京都・宮城県の3拠点で盲導犬育成支援募金を実施いたしました。3拠点で集まった募金額572,855円は、日本盲導犬協会・関西盲導犬協会にて役立てていただきます。
【盲導犬ふれeye募金について】
毎年4月の最終水曜日は国際盲導犬の日と制定されていることから、わかさ生活では4月を盲導犬育成支援の強化月間として、盲導犬育成支援活動を行っています。今年は東京都・宮城県・京都府の3拠点で「盲導犬ふれeye募金」を実施しました。また毎年新入社員を対象に、京都府亀岡市にある「盲導犬育成支援センター」にて研修も行い、盲導犬への理解を深める活動をしております。
【企画担当 兵頭恵理奈さんよりコメント】
視覚障がいのある方が電車のホームから転落する事故など、視覚障がいへの理解不足が原因の問題は後を絶ちません。盲導犬について興味関心を持ち、一人ひとりができることを考えるきっかけづくりになれば、と今回3拠点で活動を実施しました。目の健康をサポートする企業として、今後も取り組んでいきます。

【わかさ生活の社会貢献活動】
わかさ生活では創業当時より、社会への恩返しを行うために、社会貢献活動を行っています。そしてその取り組みを「ブルーベリーリボン」と総称し、盲導犬育成支援をはじめ「目の総合健康企業」としての活動や、主力商品『ブルーベリーアイ』の原材料ビルベリーの故郷・北欧の大自然の恵みに感謝し、双方の理解や友好を深める活動を実施しています。特徴として、現在行っている社会貢献活動のほとんどが、10年以上継続しているものです。これは、「最大の支援は継続すること」という考えの下、一つひとつの取り組みに対して、長期的な活動を行っています。

■盲導犬育成支援について
わかさ生活では、盲導犬に対する社会の認知や資金不足から、盲導犬を必要とする人に行き渡っていないことを知り、2003年から活動をスタートしました。今年で17年目を迎えたこの活動は、3月末日時点で盲導犬協会への寄付金総額が44,866,768円になりました。これは、14頭(1頭300万円換算)の盲導犬を育てたことに相当する金額です。寄付するだけでなく、正しい知識を伝えるための取り組みとして、盲導犬育成募金活動の実施や子どもたちに向け、盲導犬について知る機会を設けています。

【関連サイト】
▼わかさ生活 ブルーベリーリボンサイト
https://www.blueberryribbon.jp/

▼わかさ生活 コーポレートサイト
http://company.wakasa.jp/
  • 2019年04月24日 15:00
  • 福祉
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社わかさ生活(カブシキガイシャワカサセイカツ)
代表者
角谷 建耀知(カクタニ ケンイチ)
所在地
〒600-8008
京都府京都市下京区四条烏丸長刀鉾町22 三光ビル3階
TEL
075-213-7727
業種
製造・メーカー(食料・飲料)
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://company.wakasa.jp/
IR情報
https://company.wakasa.jp/news/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.