2019年04月25日 15:30

【フロスト&サリバン プレスリリース】フロスト&サリバン「2019年海外新興市場トップランキング」を発表-ケニアやボリビアが新たな新興市場として台頭へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供するフロスト&サリバンは、2019年に有望な海外新興市場のトップランキングを4月25日に発表しました。

フロスト&サリバンは、企業の進出先として有望な海外新興市場をランク付けした「2019年海外新興市場トップランキング」を発表しました。経済やビジネスのグローバル化に伴い、新興国の国内総生産(GDP)成長率は先進国を超えつつあり、海外新興市場への進出は企業のビジネス成長戦略の中核となりつつあります。また、中所得者層の拡大や労働者層の成長、高水準のインフラや好意的なビジネス環境は、新興市場の成長をさらにけん引することが見込まれます。

都市化の拡大や賃金上昇に伴う所得水準の上昇、若い世代の台頭などによって、新興市場における消費は2025年に向けて大きな拡大が見込まれます。また、安価なスマートフォンの登場やワイヤレス通信の拡大によって、新興国におけるインターネットへのアクセスも拡大しています。中国やインドにおけるスマートフォンの普及率は既に米国を超えており、2025年時点でスマートフォンの市場規模は共に10億米ドルを超える見通しです。さらに、5Gの進化に伴うサービスのデジタル化によって、2025年までにグローバル全体の5G通信のうち30%を欧州やアジアが占めるほか、ブラジルやメキシコが次世代の主要市場に台頭する見込みです。

弊社発表の「2019年海外新興市場トップランキング」には、最も有望な新興市場として中国、続いてマレーシア、3位にインドが挙げられています。また、「進化途中」のトップ市場にはボリビア、続いてケニア、3位にトルコがランク入りしています。さらに、「新生期」にある市場には、ザンビア、続いてネパール、3番目にエチオピアが挙がっています。

フロスト&サリバンが定義する「新興市場」は、国際通貨基金(IMF)の予測に基づいた2019年の名目GDPが250億米ドル以上であること、2019年の総人口が500万人以上であること、そして2019年の一人当たりGDPが35,000米ドル以下である国を指します。この条件を全て満たした国の中から、「人口統計」、「ビジネス環境」、「投資環境」、「スキルを備えた人材の有用性」、「経済環境」、「イノベーションのエコシステムの段階」から成る6つの指標に基づいて各国の競争力を総合的に評価し、企業の新たな進出先として将来有望な市場と選定された国を新興市場と定義しています。本分析でランキングに挙がった国は60に上り、企業の進出先として最も有望な「有望市場」、有望市場への進化が今後見込まれる「進化途中」、有望市場への進化には長期的な成長が必要な「新生期」の3つの成長段階に応じて分類されます。

「イノベーションの段階や人材の有用性といった指標は、投資戦略を左右する重要なものです。一方で、新興市場への参入は、金融市場の脆弱性や地理的・政治的な懸念、市場競争の拡大や、日々変化するビジネス環境によって、状況は日々変化し続けます」と、フロスト&サリバンのアナリスト、リトュパルナ・マジュンダーは話します。

■添付資料:フロスト&サリバン:「2019年海外新興市場トップランキング上位5か国」

<有望市場>
1. 中国
2. マレーシア
3. インド
4. ポーランド
5. チリ

<進化途中>
1. ボリビア
2. ケニア
3. トルコ
4. ドミニカ共和国
5. ギリシャ

<新生期>
1. ザンビア
2. ネパール
3. エチオピア
4. パキスタン
5. カメルーン

▽フロスト&サリバン発行リサーチ「2019年海外新興市場トップランキング」の概要はこちら:
「Frost & Sullivan’s Top Emerging Markets List, 2019」(2019年4月発行)
http://www.frost.com/q299119234

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 http://www.frostjapan.com

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社
広報担当:辻 安奈
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: http://www.frostjapan.com

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
http://www.frostjapan.com/pressrelease/
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
フロスト&サリバン ジャパン株式会社(フロストアンドサリバンジャパンカブシキガイシャ)
代表者
ロビン・ジョフィ(ロビン・ジョフィ)
所在地
〒107-6123
東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
TEL
03-4550-2210
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.frostjapan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.