2019年05月10日 10:00

「世界が気になって調べた日本人はあの人!?」 TOP10人中7人が”あのジャンル”からランクイン! 各界著名日本人名グローバルブランド調査【インフォキュービック・ジャパン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外デジタルマーケティングの支援を行う株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:山岸ロハン、 以下:インフォキュービック)は、「各界で活躍する日本人名の海外におけるGoogle検索数」に関する調査を実施しましたので、2019年5月10日(金)その結果を発表いたします。
(本調査詳細:https://www.infocubic.co.jp/news/2019/05/10



■ 調査サマリー
(1)2020年の東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、世界中の注目を集める日本。そんな中「世界のなかで最も検索された日本人は誰か?」を探る。
(2)無作為に抽出した各界の著名日本人名の英語検索数をリサーチし、「世界の人々は、日本人のうち誰に興味があるのか?」を探る。
(3) 各界の著名日本人名の英語検索数調査を実施し、本リリースではその一部を紹介。

■ 調査手法
調査期間:2018年1月1日から2018年12月31日
調査方法:Google社のツール「キーワードプランナー」をもとに算出されたデータを使用
※本調査は特定の人物の印象を操作する意図はございません。
※人名全て敬称略。

■ 調査結果
(1) Top10のうち、7人がスポーツ選手。残る3名は日本アニメ界の巨匠宮崎駿、現代美術家ポップアーティスト
村上隆、片付けコンサルタントコンマリこと近藤麻理恵がランクイン。
(2) 検索数が一番多かったのは大坂なおみ。昨年9月の全米オープン優勝をはじめ、数えきれないほどの活躍からも納得の結果である。
(3) 2位は日本が誇る二刀流 大谷翔平。メジャーリーグデビュー、新人王獲得、ケガと手術等、日本人だけでなく
その話題性には注目が集まる。
(4) 上記のデータは、あくまでも英語検索数のボリュームであり、それぞれ各人の人気を指し示すものではない。

本調査の詳細はウェブサイト(https://www.infocubic.co.jp/news/2019/05/10)からご覧になれます。



私たちの日常に欠かせなくなったインターネット。わからないことや興味があること、気になることなど、辞書代わりに検索をかける重要な情報収集のツールの一つとして幅広く利用されています。今や情報を探すための“検索”は、当たり前の行動となりました。

東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、開会式・閉会式の演出は、競技と共にとても気になるところですが、そこに象徴される日本を代表するコンテンツは何なのか? また、それを発信する人は誰なのか? インフォキュービックでは、昨年一年間で世界が注目をした各界著名日本人名について、インターネット上の英語での検索活動 ≒「知りたい/探したいという興味や欲求」という観点から本調査を実施しました。

インフォキュービックでは、自社のロゴにあるSEARCH(検索)、BRAND(ブランド)、GLOBAL(世界)という3つの観点から、「日本から世界に向けてより有効なデジタルマーケティング施策の可能性」を今後も探ります。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

株式会社インフォキュービック・ジャパン
商号
株式会社インフォキュービック・ジャパン(カブシキガイシャインフォキュービックジャパン)
代表者
山岸ロハン(ヤマギシロハン)
所在地
〒169-0072
東京都新宿区大久保1-1-7 高木ビル3F
TEL
03-6380-2807
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.infocubic.co.jp/
公式ブログ
https://www.infocubic.co.jp/blog/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.