2019年05月21日 13:00

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackBerry CylanceとSANS Researchの共同調査が示す予測型セキュリティの未来

カナダ・オンタリオ州ウォータールー - 2019年3月27日 - BlackBerry Limited(NYSE:BB;TSX:BB)の事業部門であるBlackBerry Cylanceは、SANS Instituteに委託して行った世界規模の人工知能(AI)セキュリティ調査の結果を発表したことを、本日5月21日に日本で発表します。調査対象のサイバーセキュリティ担当者の85%が「AIを活用したセキュリティは今まで以上に効果がある」と考えていることが明らかになりました。この結果は、IoT(モノのインターネット)で大量のデータが収集・分析されていることを受けています。

企業および政府機関のセキュリティ担当者261人を対象に行った調査「Security Gets Smart with AI(セキュリティはAIでスマートになる)」によると、AIの用途として最も多く挙げられたのは、「サイバー防御」(75.2%)、「マルウェア防御」(70.5%)、「高度な脅威の検知と防御」(68.6%)です。
https://s7d2.scene7.com/is/content/cylance/prod/cylance-web/en-us/resources/knowledge-center/resource-library/reports/SANSSurveySecurityGetsSmartWithAI.pdf

BlackBerry Cylanceの最高情報技術責任者であるKumud Kaliaは、次のように指摘します。「脅威を取り巻く状況が進化し、IoTデバイスへの依存が急激に高まるなか、コンピューター上で不正行為が行われる可能性も急上昇していることから、高度な防御戦略のニーズが浮き彫りになった形です。セキュリティチームが予測による優位性を得るには、特に、マルウェアに対する保護や、これまで捕捉できなかったマルウェア以外の脅威の検知と対処を実現するには、AIの採用が欠かせません。BlackBerry Cylanceでは、モバイル、オンプレミス、クラウドベースと、あらゆるセキュリティ環境にAIが非常に優れた効果をもたらすことをすでに実証済みです。」
調査の結果、多くのセキュリティ担当者が、高度な脅威検知やマルウェア防御から、意思決定管理や法令順守まで、幅広い課題にAIセキュリティソリューションが役立つと考えていることがわかります。AIの採用率が最も高いのは一般的なサイバー防御の領域ですが、これは、脅威が既知か未知か、内部か外部かにかかわらず、脅威の検知、防御、対処にAIを応用するアプローチの需要が今後も高いままであることを示唆しています。

調査の主な結果は次のとおりです。

● AIベースのソリューションの一種と考えられている上位3つのテクノロジーは、「予測分析」(76%)、「ディープラーニングプラットフォーム」(74%)、「機械学習プラットフォーム」(73%)です。

● AIの上位3つの使用事例は、「サイバー防御」(75%)、「マルウェア防御」(71%)、「高度な脅威の検知と防御」(69%)です。

● AIの活用経験:回答者の57%が、「AIベースのセキュリティソリューションの採用を進めている、または採用を予定している」と答えたのに対し、「AIベースのプラットフォームを直接経験したことがある」と答えた回答者はわずか35%でした。

● テクノロジーの成熟度:回答者の46%が、「AIベースのセキュリティソリューションの成熟度はますます高まる」と考えていますが、テクノロジーの成熟不足が採用の障害となっています。

BlackBerry Cylanceの製品マーケティング担当バイスプレジデントであるSasi Murthyは、次のように述べています。「多くの組織がセキュリティ脅威に対して事後対応型でなく、予測・適応型の防御を実現する最新のツールを市場に求めていることから、AIベースのセキュリティソリューションは今後も注目を集めるでしょう。高度な脅威のリスクを低減する上で、AIベースの予測型セキュリティはもはや選択肢の1つではなく、必須要件と言えます。」

どの業界の調査回答者も、未知の脅威を識別する精度を高めるためにAIの採用を検討している段階であり、いまだ予測による優位性を得ずに最も有害かつ困難な脅威に対処している状況です。また回答者は、「より効果的かつ総合的な保護のアプローチ」、「脅威インテリジェンスを収集・利用する体制の向上」、「感染から修復までの時間の短縮」、「異常な動作を知らせるリアルタイムアラート」、「既存の投資や人的アナリストのさらなる活用」を実現するものとしてAIを捉えていました。
AIセキュリティ調査「Security Gets Smart with AI(セキュリティはAIでスマートになる)」をダウンロードして、ご活用ください。 
https://s7d2.scene7.com/is/content/cylance/prod/cylance-web/en-us/resources/knowledge-center/resource-library/reports/SANSSurveySecurityGetsSmartWithAI.pdf

BlackBerryについて
BlackBerry Limited(NYSE:BB、TSX:BB)詳細については、 www.BlackBerry.comをご覧ください。

BLACKBERRYおよび関連製品の商標の名称及びロゴマーク等は、米国およびその他の国におけるBLACKBERRY LIMITED.の登録商標または商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。BLACKBERRYは第三者のいかなる製品またはサービスについて責任を負うものではありません。

* 本調査は、BlackBerry Cylanceが米国の共同研究・教育組織であるSANS Instituteに委託して行ったものです。

###

Cylance Japanのソーシャルメディア
Facebook: https://www.facebook.com/CylanceJapan/
Twitter: https://twitter.com/CylanceJapan

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
Cylance Japan株式会社
担当:三浦
電話:03-6386-0061
Email: prjapan@cylance.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Cylance Japan株式会社(サイランスジャパンカブシキガイシャ)
代表者
金城 盛弘(キンジョウ モリヒロ)
所在地
〒100-6509
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9F
TEL
03-6386-0061
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.cylance.com/jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.