2019年05月23日 15:30

「週刊文春」の「聴くスクープ」が採用する「おまかせアナウンス(R)」に音声合成ソフト「AITalk(R) 声の職人(R)」が活用されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、証券コード:4388、以下エーアイ)は、株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中部嘉人、以下 文藝春秋)が発刊する総合週刊誌「週刊文春」の、2019年5月15日に文春オンライン上で配信されたスクープ紹介映像「聴くスクープ」のナレーション音声に採用された、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)「おまかせアナウンス(R)」の日本語音声作成に、エーアイの音声合成ソフト「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」が活用されたことを2019年5月23日にお知らせします。

■「聴くスクープ」へのAITalk(R)活用「おまかせアナウンス(R)」採用ポイント
凸版印刷が提供する「おまかせアナウンス(R)」は、人による収録の手間なく、音声合成技術を活用し、日本語や外国語のテキストデータから流ちょうな高品質ナレーション音声を、短納期・低コストで作成・提供するサービスです。音声作成だけでなく、短納期を実現するワークフローの検討、音声品質チェック・修正、最終ユーザーにリーチさせる仕組みや動画などの最終データ加工まで、トータルにワンストップで提供します。
「おまかせアナウンス(R)」で日本語ナレーション音声として採用されている「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」は、テキストデータさえあれば誰でも簡単に高品質なナレーションを作成できるため、今回「週刊文春」の「聴くスクープ」へおまかせアナウンスが採用されたポイントである、ナレーション作成においての「速報性を損なわない短納期」「ミスのない正確性」「人の声に近い高い品質」の実現に貢献しています。
■「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」について
日本語音声合成パッケージソフト
「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」
https://www.ai-j.jp/products/voice/

「AITalk(R) 声の職人(R) パッケージ版」はパソコンにテキストを入力するだけで、手軽に音声ファイルが作成できる、ナレーション作成ソフトです。
販売製品のガイダンス、電話自動応答音声、eラーニング、動画などのデジタルコンテンツのナレーション音声として法人活用が進んでいますが、アナウンス原稿の読み上げや、ニュースコンテンツのナレーション作成として、テレビ局やラジオ局などメディアでの活用も広まっています。

■音声合成AITalk(R)とは
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)豊富な話者と言語
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。言語の種類は36種類以上の豊富な音声ラインナップ。
(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。
(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。

■株式会社エーアイ 会社概要
ホームページURL:https://www.ai-j.jp/
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジン及び音声合成に関連するソリューションの提供

※掲載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社エーアイ
商号
株式会社エーアイ(カブシキガイシャエーアイ)
代表者
吉田 大介(ヨシダ ダイスケ)
所在地
〒113-0024
東京都文京区東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10F
TEL
03-6801-8461
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.ai-j.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.