2019年06月04日 13:00

ユナイテッド&コレクティブ 各店舗、スーパーバイザー、経営までに至る全社で活用するBI環境を構築 ~Salesforceで管理するデータやPOSデータなど各店舗のデータを一元化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、ユナイテッド&コレクティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坂井 英也)が、クラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce」を活用し、店舗、エリア、業態、全社といったそれぞれの立場で自在な視点でデータを可視化し、迅速にPDCAサイクルを回すBI環境を構築したことを、本日お知らせします。

 ユナイテッド&コレクティブは、博多水炊きなどの鶏料理を中心とする居酒屋「てけてけ」、“RealFresh,RealBurger”をコンセプトとするハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」など、複数の業態からなる外食チェーンを展開しています。店舗数は91店(2019年2月現在)になりました。この経営を支えているのが、2015年から取り組みを行っているデータの可視化です。

 データの可視化を実現するのは、クラウド上のデータベース(amazon RDS)に蓄積されたPOSデータ、Salesforceで管理している各店舗の日々のオペレーション情報や従業員の勤怠情報などを、ウイングアークのクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for Salesforce」で一元的に集約し、スマホでKPIをスピーディーに確認できるよう可視化する仕組みです。

 店長、スーパーバイザーやエリアマネージャー、本部スタッフや経営陣は、次のように活用しています。
- 店長は日々の売り上げやコスト、従業員の勤怠などをチェック
- スーパーバイザーやエリアマネージャーは、担当店舗・地域に起こっている問題を早期に把握して対処
- 本部スタッフや経営陣は、チェーン全体の状況を俯瞰した上で新たな施策を立案

 また、日次の定型レポートのみならず、様々な役職や担当業務に応じた自由な切り口で、詳細なデータを把握できるので、1時間以上かけて行っていたデータ集計の作業時間はゼロになりました。

 今後、同社が見据えているのは、予測的なデータ分析です。事前シミュレーションと結果の両面から施策を検証するデータの可視化を計画しています。
また、それぞれの担当店舗・地域で起こっている問題をできるだけ早期に察知するために、様々なKPIに大きな変化が表われたときにリアルタイムにアラートを通知するプッシュ形式での情報発信を検討しています。


■事例紹介
http://www.wingarc.com/product/usecase/detail.php?id=250






<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com


※ウイングアークのFacebookページ
 ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアークの最新情報をお届けしています。
 http://www.facebook.com/wingarc
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ウイングアーク1st株式会社
商号
ウイングアーク1st株式会社(ウイングアークファーストカブシキガイシャ)
代表者
田中 潤(タナカ ジュン)
所在地
〒106-6235
東京都港区六本木 六本木グランドタワー
TEL
03-5962-7300
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.wingarc.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.