2019年06月10日 11:30

【窯業業界】他社牽制力ランキング2018 トップ3はAGC、TOTO、LIXIL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは2019年6月10日、独自に分類した窯業業界の企業を対象に、2018年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「窯業業界 他社牽制力ランキング2018」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

集計の結果、2018年に最も引用された企業は、AGC、次いでTOTO、LIXILとなりました。

1位AGCの最も引用された特許は、昨年に続いて「作動媒体および熱サイクルシステム」(特許第5935798号)で、パナソニックIPマネジメントの4件、三菱電機の3件を含む合計9件の審査過程で拒絶理由として引用されています。国際出願であるこの特許は、米国や中国、ロシア、欧州(※)でも権利取得済みとなっており、ドイツ(欧州と並行して出願)、ブラジルにも出願がみられます。
2018年に、AGCの特許によって影響を受けた件数が多い企業は、日本電気硝子や、CORNING(米)などのガラスメーカーを筆頭に、富士フイルムやSAINT-GOBAIN GLASS FRANCE、大日本印刷などが挙げられます。
(※)複数の国で効力をもつ欧州特許の出願先

2位TOTOの引用された件数の最も多い特許は、「衛生洗浄装置」(特許第5625508号)で、LIXILの特許4件の審査過程で拒絶理由として引用されています。
2018年に、TOTOの特許によって影響を受けた企業は、90件のLIXILが最も多く、パナソニック、アイシン精機と続いています。

3位LIXILの最も引用された特許は、「浴室等の壁面に設置されるカウンター」(特許第5295058号)で、TOTOの特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「枠体内に障子を納めた開口部装置」に関する特許(特許第6219561号)や「上げ下げ窓」に関する特許(特許第3340951号;年金未納による失効のため特許権なし)などが引用された件数の多い特許として挙げられます。
2018年に、LIXILの特許によって影響を受けた企業は、70件のTOTOが最も多く、三協立山、YKKAPと続いています。

本分析の詳細については、「窯業業界 他社牽制力ランキング2018」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2019/06/fcitcer.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.