2019年06月12日 11:00

相次ぐ交通事故…高齢者は車の運転免許証を返納すべきなのか?『老年精神科医が教える「脳が老化」する前に知っておきたいこと』6月4日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このたび、青春出版社(東京都新宿区)は、『老年精神科医が教える 「脳が老化」する前に知っておきたいこと』(著・和田秀樹)を6月4日に刊行いたしました。

◆相次ぐ高齢者ドライバーの事故原因は「認知症」ではない!
連日ニュースで取り上げられる、高齢者ドライバーによる交通事故。その多くは「ブレーキとアクセルの踏み間違え」が原因といわれていますが、それは認知機能というより運転技術の問題ではないでしょうか。実際、2018年に交通事故を起こした75歳以上のドライバーの50.7%が「認知機能低下の恐れなし」、さらに44.4%が「専門医の診断までは必要ない」という結果でした。つまり、事故を起こした約95%は、「認知症ではない人」だったのです。(2019年3月警察庁発表)
このような交通事故の誤ったイメージから、恐れられがちな「認知症」ですが、実は85歳以上で4割、95歳以上では8割の人がかかるといわれています。その「認知症」の予防となるのが、まず「心の老化」を防ぐこと。感情や意欲のコントロールが衰えると、頭や体を使わなくなり、“ボケ”につながってしまうからです。
本書では、高齢者専門の精神科医として30年以上多くの患者と向き合ってきた著者が、本人や家族が「認知症」の発症を遅らせるためにはどうすればよいのか、予防に重要な生活習慣やモノの見方を解説します。


【著者プロフィール】
和田秀樹(わだ・ひでき)
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業後、東京大学附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェロー等を経て、現在、国際医療福祉大学心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長。老年精神科医として、30年以上にわたり、高齢者医療の現場に携わっている。


仕様:新書判/定価:940円+税
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

会社概要

商号
株式会社 青春出版社(カブシキガイシャ セイシュンシュッパンシャ)
代表者
小澤 源太郎(オザワ ゲンタロウ)
所在地
〒162-0056
東京都新宿区若松町12-1 
TEL
03-3203-5121
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.seishun.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.