2019年06月12日 14:00

SABIC、「LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ」アップサイクルコンパウンド樹脂を発表 - PETボトルの有効寿命を延ばし、プラスチック廃棄物の削減に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年6月12日 - 総合化学品のグローバルリーダーであるSABICは本日、リサイクル型経済を支え、プラスチック廃棄物の削減をサポートすべく、リサイクルPETからアップサイクルされたポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂「LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ」を発表した。同社は、消費者が廃棄したPET(主に使い捨ての水ボトル)をケミカルアップサイクルすることで、より特性を強化し、耐久性が求められる用途へ適した高付加価値PBT樹脂を上市することで、さらなるリサイクル樹脂の需要を喚起する。また本製品はバージンPBT樹脂に比べ、累積エネルギー需要(CED)および地球温暖化係数(GWP)の測定において、工場での原材料入手から製品出荷までの環境フットプリント低減にも寄与する。

PET樹脂よりも優れた特性と耐久性
SABICのLNP(tm) ELCRIN(tm) iQコンパウンドおよびブレンド製品は、SABICの独自技術によってアップサイクルされたiQ PBT樹脂をベースにしている。このアップサイクル技術は、PETボトルやその他のPET廃棄物を前駆体化学物質に解重合し、さらにそれらを精製して新しいPBT樹脂を製造する化学プロセスを使用することで、メカニカルリサイクルの限界を克服している。また、このアップサイクル技術は、高い生産効率に寄与する優れた流動性、耐薬品性、着色性、そして難燃性といった性能を提供する。

LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ樹脂は、バージンPBTおよび他の従来のPBT樹脂を直接置き換えられるため、顧客は現在使用しているPBT樹脂をLNP(tm) ELCRIN(tm) iQ樹脂に変更するだけで、自社製品をより環境に優しい持続可能な製品にすることができる。またLNP(tm) ELCRIN(tm) iQ樹脂は、PBTの製造に使用されていたバージン原料を使用しないことで、材料製造時の消費エネルギーとカーボンフットプリントをそれぞれ最大61%と49%削減したことがライフサイクルアセスメント調査(査読付き)で示されている。LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ樹脂は、1kgあたりで最大67本の使用済みPETボトル(500ml)を再利用している。

このELCRIN(tm) iQは、ガラス強化およびミネラル強化グレード、非ハロゲン難燃性や耐UV性の配合など、顧客の要望に応じた製品が取り揃えられている。またいくつかのグレードは、米国FDAの食品接触材規則に適合する可能性もある。

LNP(tm) ELCRIN(tm) iQは、高い耐久性と優れた外観が求められる家電製品、自動車用コネクター、医療機器の外装などで需要が見込まれる。こうした用途に採用されることで、これまで使い捨てられていたPET樹脂の使用期間を延長させ、材料が廃棄されるまでの期間を延ばすことに貢献する。

SABICでLNP(tm)のGlobal Business Directorを務めるJoshua Chiawは、「消費者によって廃棄されたペットボトルを用いた従来のメカニカルリサイクルの方法では、もとの価値と性能を失ってしまいます。」としており、加えて「このダウンサイクルプロセスでリサイクルされたPETは、使用できる用途に制約がありました。これとは対照的にSABICのケミカルアップサイクルプロセスは、最終樹脂製品の性能と品質の向上に役立ちます。結果として、これらのPBT樹脂は、耐久性が求められる用途において、より望ましい選択肢となります。LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ材料は、バージン樹脂への依存を減らし、より持続可能で環境に優しい材料を使用したいという産業界および消費者の要求に応えることができます。」と話している。

SABICでコーポレートサステイナビリティ担当のゼネラルマネージャーを務めるFrank Kuijpersは、「LNP(tm) ELCRIN(tm) iQ材料の開発はSABICにとっての大きな前進であり、私達の顧客、世界のプラスチック業界、そして私達が創設メンバーとして加わったAEPW(Alliance to End Plastic Waste、廃プラスチック環境排出低減を推進する国際的アライアンス)に対する私たちのゆるぎない取り組みを示しています。」としており、さらに「使い捨てPETのケミカルアップサイクルに関する私たちの革新的なプロセスは、廃棄物を最小限に抑え、プラスチックの再生とリサイクルを容易にし、すべての使用済みプラスチックからの価値創出に役立つ新たな技術を開発するというAEPWの目標を直接サポートします。」とコメントしている。

SABIC LNP(tm) ELCRIN(tm) iQグレードは全世界で入手可能である。



SABICについて
SABIC(サウジ基礎産業公社)はサウジアラビアのリヤドに本社を置く化学製品のグローバルリーダーです。SABICはアメリカ大陸、ヨーロッパ、中東およびアジア太平洋地区を拠点として、化学品、汎用製品、高機能性プラスチックス、肥料、金属といった製品の世界規模での生産活動を行っています。
SABICでは解決すべき課題の特定やソリューションの開発を通して、建設、医療機器、包装、肥料、電気電子、輸送機器、クリーンエネルギーといった主要マーケットの顧客をサポートしています。
2018年にSABICは、57億米ドルの純利益を計上しています。2018年の総売上高は計450億米ドル、2018年末の総資産は85億米ドルです。2018年の生産量は7,530万トンです。
SABICは世界50か国以上で事業を展開し、3万3,000人を上回る従業員を全世界で雇用しています。SABICでは、イノベーションと独創性の育成を促進するため、グローバルで11,738件の特許出願を行っているほか、5つの主要地域(アメリカ、ヨーロッパ、中東、東南アジア、北東アジア)においてイノベーションのハブとなる研究開発のリソースを有しています。
https://www.sabic.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR SABIC担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
SABICジャパン合同会社(サビックジャパンゴウドウカイシャ)
代表者
松林卓弘(マツバヤシ タカヒロ)
所在地
〒100-0013
東京都千代田区霞ヶ関3-2-6 東京倶楽部ビル
TEL
03-3593-4700
業種
製造・メーカー(化学)
上場先
その他
会社HP
http://www.sabic.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.