2019年06月19日 09:00

エンタープライズDB(EDB)は、大幅に改良された EDB Postgres Replication Server 7.0(EPRS 7 限定版)と同日本語マニュアルを限定リリースしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンタープライズDB(EDB)は本日、大幅に改良された EDB Postgres Replication Server 7.0(EPRS 7 限定版)を限定リリースしました。 EDB Postgres Replication Serverは、PostgreSQLおよびEDB Postgres Advanced Serverで利用可能な、ストリーミング ロジカルレプリケーション ソリューションです。

今回の限定版は、本番用に同ソフトウェアの特定の機能を必要とするお客様に限定したリリースです。限定版は、一般リリースと同様に、該当するお客様に本番使用およびサポートを提供します。限定版のご利用資格については、EDBの営業担当者にお問い合わせください。

本番以外の用途に関心のあるお客様は、ベータプログラム(https://www.enterprisedb.com/beta-programs)に参加することでEDB Postgres Replication Server 7.0 にアクセスできます。

EDB Postgres Replication Server 7.0 は、現在のEDB Postgres Replication Server 6.xとは、アーキテクチャ、使用方法、機能が大きく異なります。主なアーキテクチャ上の進歩は、データベースと Apache Zookeeper の設定管理間の変更を複製するための Apache Kafka メッセージストリーミングの組み込みです。これらを組み合わせることで、より高性能でより弾力的なロジカルレプリケーション ソリューションを提供します。




【このリリースのハイライト】

 - シングルマスターおよびマルチマスターレプリケーションクラスター:本番データベースからレポート作成アプリケーションをオフロードするようにシングルマスターマルチレプリカクラスターを構成します。さらに、ほぼリアルタイムで同期される複数のマスターノードで高可用性と書き込みスケーラビリティのユースケースをプロビジョニングします。
 - データベースごとの複数パブリケーション:同じ(SMRまたはMMR)クラスターに複数のパブリケーションを作成して、別々のテーブルの論理グループを作成します。
 - ハイブリッドレプリケーション:参加している各ノードがマスターまたはレプリカとして、あるいは両方のモードで機能できるように、レプリケーションクラスタを設定します。
 - 自動フェイルオーバーを使用した高可用性:Apache KafkaとZooKeeperによって管理されている複数の同期レプリカによって、単一障害点を排除します。
 - オフラインスナップショット:オフラインモードでは、PostgreSQLのダンプ/復元ユーティリティ、またはGoogle Snapshotのような他のサードパーティ製オプションを使用して、新しいレプリケーションノードで大規模データベースの初期データを迅速にコピーできます。
 - データのフィルタリング:行レベルのフィルタを定義して適用し、どのデータをターゲットコンシューマに複製するかを制御します。
 - エンドツーエンドのデータ圧縮:gzip / snappyデータ圧縮オプションを使用することで、ネットワークのオーバーヘッドを削減し、大きなデータセットのデータ転送を改善します。
 - コマンドラインユーティリティ:Rep-CLI(REST)クライアントユーティリティを使用して、クラスタ設定を自動化します。
 - 基本的なクラスタ全体の監視:重要なメトリックとメトリックしきい値に基づく電子メールアラート通知を監視することによるヘルスチェック。
 - 証明書ベースの認証:SSLベースのユーザー認証を設定します。
 - ACLベースのアクセス制御:システムへの柔軟でよく管理されたユーザーアクセスのためのユーザーと役割を定義します。
 - 暗号化されたデータベース接続:データベースサーバーへの暗号化通信を有効にすることで、転送中のデータを安全に複製します。
 - Postgres v11、v10、v9.6サポート:PostgreSQLとEDBの間のレプリケーションPostgres Advanced Server v11、v10、およびv9.6データベースがサポートされています。




【詳細情報】

EPRS 7 限定版の詳細は、下記日本語マニュアル(登録制)をご参照ください。

▼ EDB PostgresTMレプリケーションサーバー7 日本語マニュアル(限定版およびベータプログラム用)
https://edbjapan.com/manual/eprs-7-la/

 - リファレンスガイド
 - クイックスタートガイド
 - 入門ガイド




【注意事項】

現在EDB Postgres Replication Server v6.x を使用していて v7.0 を検討しているお客様には、次の機能が利用できないことにご注意ください。

 - 管理ユーザーインターフェイス
 - 列レベルのフィルタリング
 - Update/Update および Insert/Insert のコンフリクト管理
 - 強化されたクラスター全体の監視
 - Windows Server のサポート



【既知の問題点】

 - 大文字と小文字を区別するパブリケーションテーブル名でレプリケーションが失敗する。
 - 拡張ネットワークに障害が発生した場合、EPRSサーバーは停止する可能性があり、クラスターに参加するために再起動する必要がある。
 - replicationlagコマンドは、停止したデータベースについて誤った統計を報告する。
 - 管理者以外のユーザーは、createpub、joinpub、および startstreaming RepCLIコマンドを実行できない。
 - EPASバージョン9.6で作成されたoraスタイルのパーティションテーブルの複製が失敗する。
 - パブリケーションテーブルのフィルタルールにモジュラス演算子/絶対値、 "@"または "%"文字が含まれているとスナップショットが失敗する。
 - デフォルト設定オプションを使用すると、待ち時間の大きいクロスリージョンAWSクラスターでSnapshotが失敗する可能性がある。この問題を回避するには、consumer.propertiesのrequest.timeout.ms時間を長くする。120000にしてスナップショットを実行する。




【対象者】

このリリースは、EDB Postgres Replication Server を使用している、または興味があるEDBのお客様を対象としています。




【更新・導入方法】

このアップデートは、yum.enterprisedb.com / toolsリポジトリからダウンロードできるRPMパッケージとして入手できます。 認証情報を設定してyumリポジトリにアクセスするには、下記URLからリクエストを送信してください。
https://www.enterprisedb.com/repository-access-request

EDB Postgres Replication Server 7ベータプログラムに参加し、本番以外の用途でソフトウェアおよびマニュアルにアクセスするには、下記URLにアクセスしてください。
https://www.enterprisedb.com/beta-programs

EDB Postgres Replication Server 7はRHEL / CentOS / OEL 7.x 64ビットLinuxをサポートします。

注意:EDB Replication Server 6.xからEDB Replication Server 7への直接アップグレードはサポートされていません。




【トラブルシューティング】

新しいソフトウェアをインストールする際に問題が発生した場合は、下記テクニカルサポートまでご連絡ください。

電子メール:support@enterprisedb.com
米国:+ 1-732-331-1320または1-800-235-5891
英国:+ 44-2033719820
ブラジル:+ 55-2139581371
インド:+ 91-20-66449612
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
エンタープライズDB株式会社(エンタープライズデービーカブシキガイシャ)
代表者
藤田 祐治(フジタ ユウジ)
所在地
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-22-3 早稲田大学インキュベーションセンター
TEL
050-5532-7038
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.enterprisedb.com/ja
公式ブログ
https://edbjapan.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.