2019年06月21日 13:00

近藤ようこの名作『見晴らしガ丘にて』が三十余年の時を経て、新たに甦る! コミックス『見晴らしガ丘にて それから』6月25日(火)発売!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホーム社(本社:東京都千代田区/代表取締役:吉倉英雄)は、2019年6月25日(火)に『見晴らしガ丘にて それから』(著者:近藤ようこ/発行:ホーム社 発売:集英社)のコミックスを発売いたします。
“入院した父親を介護するために、二度と帰るつもりのなかった「見晴らしガ丘」に戻ってきた沙也加は、子どもの頃に通ったおにぎり屋が、まだ営業していることに気がついて――”
今作『見晴らしガ丘にて それから』は、著者が1986年の第15回「日本漫画家協会賞優秀賞」を受賞した『見晴らしガ丘にて』を三十余年ぶりに描き下ろした続編で、東京近郊の住宅地を舞台に“今”を生きる人々を描いた群像ドラマです。その連作シリーズが待望の単行本化。プロローグとエピローグには「宇宙爺」(前・後)を描き下ろしで収録。電子版も同時発売されます。さらに前作『見晴らしガ丘にて』の電子版(上・下巻)も同日に発売いたします。
【近藤ようこプロフィール】
1957年5月11日、新潟県新潟市生まれ。新潟県立新潟中央高等学校時代、池上遼一に憧れ、高橋留美子らと漫画研究会を設立。一方で、折口信夫と民俗学に興味を持ち、國學院大學文学部日本文学科に進学。「ガロ」(青林堂)に投稿した『ものろおぐ』が1979年5月号に掲載される。同年「劇画アリス」(アリス出版)に『灰色の風景』が掲載され、実質的に漫画家デビュー。卒業後は書店勤務の傍ら「劇画アリス」「マンガ奇想天外」(奇想天外社)などに作品を発表するが、1年ほどで専業作家となる。1986年「週刊漫画サンデー」(実業之日本社)連載の『見晴らしガ丘にて』で、第15回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。現代ものに『ルームメイツ』『兄帰る』『アカシアの道』、中世ものに『水鏡綺譚』『逢魔が橋』『説経 小栗判官』、原作ものに『戦争と一人の女』(坂口安吾)、『死者の書』(折口信夫)、『夢十夜』(夏目漱石)など、多くの作品を発表。漫画以外では『私たちの着物術』など、着物をテーマにした著書も多い。
★近藤ようこツイッター:@suikyokitan
◆単行本情報
書名:『見晴らしガ丘にて それから』
(ホーム社書籍扱コミックス)
著者:近藤ようこ
発売日:2019年6月25日(火)
判型:B6判・192ページ
ISBNコード:978-4-8342-8499-7
定価:本体780円+税
発行:ホーム社 発売: 集英社
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社ホーム社(カブシキカイシャホームシャ)
代表者
北畠 輝幸(キタバタケ テルユキ)
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-29 共同ビル7F
TEL
03-5211-2650
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.homesha.jp/

株式会社ホーム社の最新プレスリリース

2021年12月03日 09:30
あの人気キャラがポップでかわいいイラストに変身! 好きなキャラを描いて楽しめる『ボールペンで描ける! 僕のヒーローアカデミア かんたんイラストガイド』12月3日(金)発売
2021年11月26日 09:30
【新刊情報】橋本治×岡田嘉夫による幻の豪華本を普及版で復刊。『マルメロ草紙 -édition courante-』11月26日(金)発売。二十世紀初頭の巴里を舞台にした、美しい姉妹の豪華絢爛な物語。
2021年09月24日 10:00
構想30年!! 橋本治が挑んだ、空前絶後・前代未聞の全体小説、3000枚超の遺稿と共に遂に刊行!『人工島戦記──あるいは、ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかのこども百科』、9月24日(金)発売。
2021年08月26日 12:00
【新刊情報】「パフェ沼」におぼれる幸せを、あなたも。日本で唯一のパフェ評論家がディープに語る指南書、斧屋『パフェが一番エラい。』、8月26日(木)発売
2021年06月25日 09:00
【新刊情報】洋菓子「フランセ」パッケージ、「アフタヌーンティー・リビング」雑貨などでも人気のイラストレーター・北澤平祐の魅力満載のおとなの絵本。『ぼくとねことのすれちがい日記』、6月25日(金)発売。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.