2019年06月24日 15:30

期待以上が当り前!来る人全てを感動の渦に巻き込む ダンダダン酒場の『最強店舗2019』 あるべき姿の体現者が感じる「お店が生きている感覚」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」(https://www.dandadan.jp/)を運営する株式会社NATTY SWANKY(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井石裕二)では、総勢1,200名を超す直営店舗スタッフから選抜したメンバー14名による3日間限定の営“餃”「最強店舗」を、調布総本店にて6月7日(金)から9日(日)まで開催いたしました。
◆ 最強の味、最強の笑顔でお客様をお迎えする3日間
『最強店舗』は今年で5回目を迎えました。日々の営業で研鑽を積み、社名の由来でもある「粋で鯔背(いなせ)」の体現者として認定されたメンバーによる営業です。年に1回の「最強店舗」メンバー選出には全スタッフにチャンスがあり、日々の業務におけるモチベーションアップに繋がっています。
今年はアルバイトスタッフ含む男性11名、女性3名が、代表の井石により選抜されました。
当店自慢のメニューを最高の品質で、最高の笑顔とともに提供するこのイベントはお客様にも浸透しつつあり、雨天にもかかわらず、土曜・日曜も昼下がりから満席となりました。
期間中に来店されたお客様からは「以前からダンダダン酒場は知っていましたがなかなか行けず、今回初めて来ました。スタッフの笑顔と活力に圧倒されました。次回はまだ来店したことのない友人を連れていきたいです。」、「店内に入って最初の一声が皆揃っていて、とても気持ちよかったです。料理もおいしかったです。」、「いつも利用していますが、最強店舗はいつも以上に元気だと感じました。もちろんいつものように餃子の肉汁もすごかったです。」といった、たくさんのお声をいただきました。

◆ 「お店が生きている」という初めての感覚
今年初めてメンバーに選ばれた溝の口店の森山陽菜は「緊張や不安もありましたが、メンバーの皆や溝の口店の仲間を始め沢山の人が方が支えてくれて、3日間楽しく全力でやりきれました。最強店舗に挑戦した事で自分自身が少し強くなれたように感じました。」と述べています。
2回目の選出となる新宿三丁目店店長の松浦優希は「僕は最強店舗選出が今回で2回目でした。今回の岩田リーダーの理念《笑顔で楽しく》をチームで体現することで今年の最強店舗らしさがありました。僕個人では、去年はダンダダン酒場の姿を体現することに精一杯でしたが、お客様との会話をより多くすること、チーム間の連携にもっと笑顔を作ることに注力しました。ダンダダン酒場のあるべき姿をチームが一丸になって体現した時『店が生きてる』と感じました。今回の最強店舗で初めて感じた感覚でした。今後も僕が店長を務める新宿三丁目店でも、『生きてる店』を作るよう努めていきます!」と笑顔で語りました。

期待以上が当り前。今回選出されなかったメンバーも『最強店舗』を通じ、街に永く愛される店づくりをするためにあるべき姿の体現者の営業から学ぶこができました。
◆ 全店のクオリティを守り続ける料理長の存在
今年で4回目の選出となった照井光一は、当社の料理長として全店のクオリティを維持するため、日々奔走しています。
専門学校を卒業後、日本料理の道で修業を積み、2年間で一生分の苦労をしたと振り返ります。その後22才で当社へ入社しました。
入社後、永福町店に配属。4ヶ月後には牛込神楽坂店のオープンに携わります。その際に出会った上司が、照井の意識を大きく変えました。常にお客様目線に立つこと、お客様からいただく「ありがとう」の重さ…。そこから日本料理の道での経験を元に、厨房のオペレーションを徹底的に見直し、改善していきました。
そんなある日、お客様から「あなたが焼いた餃子がいちばんおいしい」と声をかけられました。本来なら嬉しいお褒めの言葉ですが、照井は「どの店で誰が焼いても最高のおいしさであるべきだ」と気づきます。
23才で料理長に就任。それからは“第2の自分”を育て上げるべく、後進の指導に当たっています。自分がかつて体験した「食べ物で感動する」経験をお客様にも提供できるよう、技術はもちろんのこと、仕上がりの美しさにもこだわりを持っています。
料理長という立場になり、かつて修行時代に先輩から厳しく言われてきたことを、今では自分が後輩に言っていることに気づき苦笑することもあります。人の指導に当たるには、自分自身が完璧でいなくてはならない。自他ともに妥協を許さない照井の眼と腕が、ダンダダン酒場のクオリティを守っています。
【イベント概要】
名称:最強店舗
期間:2019年6月7日(金)から6月9日(日)まで
実施店舗:調布総本店(東京都調布市布田1-44-4 FRANK1ビル   TEL:042-442-4522


【NATTY SWANKY 会社概要】
社名: 株式会社 NATTY SWANKY(ナッティースワンキー)
代表: 代表取締役社長 井石裕二
本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-19-8 新東京ビル7階
電話: 03-5909-3013
ホームページ: https://nattyswanky.com/(企業ウェブサイト)
https://www.dandadan.jp/(肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 ブランドサイト)
設立: 2001年8月1日
資本金: 660,206,000円
従業員数: 125名(2018年12月31日現在)
事業内容: 飲食店(肉汁餃子製作所ダンダダン酒場)の展開

<報道関係者 お問い合わせ先>
NATTY SWANKY(ナッティースワンキー) 広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
E-mail:kouho@nattyswanky.com
担当: 柴山(携帯:070-1389-0172)・岩尾(080-5983-2471)
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社NATTY SWANKY(カブシキガイシャナッティスワンキー)
代表者
井石 裕二(イセキ ユウジ)
所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-19-8 新東京ビル7F
TEL
03-5909-3013
業種
飲食
上場先
マザーズ
会社HP
https://nattyswanky.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.