2019年07月04日 15:30

吉野家がCREPiCO決済情報処理センターを利用し主要電子マネー決済サービスの導入を完了-「WAON」「交通系IC」「nanaco」「QUICPay」に続き「楽天Edy」「iD」決済サービスを追加導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、CREPiCO(クレピコ)決済情報処理センターが、株式会社吉野家(代表取締役社長:河村 泰貴、本社:東京都中央区、以下 吉野家)の電子マネー決済システムに採用され、WAON、交通系IC、nanaco、QUICPayに続き、2019年7月より楽天Edy、iDのサービス提供を開始しました。

吉野家では、多種多様な電子マネー決済サービスを導入するべく、2018年8月よりCREPiCO決済情報処理センターを利用しています。これまでに順次導入を進め、この度、主要6種の電子マネー全てに対応しました。今後もさらに多様な決済手段への対応を予定しています。

CREPiCO決済情報処理センターは、1999年以降およそ20年にわたり無線決済システムで実績のあるセイコーソリューションズが運用している決済情報処理センターです。2018年6月、クレジットカードにおいて「PCI P2PEソリューションプロバイダー認定」を取得しており、より安心、便利な決済環境を実現し、加盟店の決済端末からCREPiCO決済情報処理センターまでカード情報の暗号化を実施し、カード情報の漏洩リスクを低減する仕組みを提供しています。各種電子マネー決済にも対応しています。
セイコーソリューションズは、アプリケーション、端末、情報処理センターの提供により、決済ソリューションをワンストップでサポートできる強みを活かし、日本国内におけるキャッシュレス決済サービスの普及と、お客さまの満足度向上を目指します。

今回の発表にあたり、吉野家より以下のエンドースメントをいただいています。

<吉野家様からのエンドースメント>
2019年に創業 120 周年を迎えた吉野家は、お客さまに、キャッシュレスでスムーズにお会計をしていただけるよう、段階的に電子マネーの導入を進めてきました。2018年8月に各種電子マネー決済サービスで実績のあるセイコーソリューションズのCREPiCO決済情報処理センターの利用を開始し、WAON、交通系IC、nanaco、QUICPayに続いて、このたび導入した楽天Edy、iDと多彩な電子マネーをご利用いただけるようになりました。セイコーソリューションズには、今後も、決済手段の提供拡充におけるサポートを期待しています。

株式会社吉野家ホールディングス
グループ財務経理本部吉野家情報システム 担当部長 松本 浩典


吉野家について
吉野家は、明治32年(1899年)に東京・日本橋に創業しました。お客様にご満足いただくため、牛丼を主力商品として「うまい、やすい、はやい」という吉野家固有の価値を提供し続けてきました。2019年5月期末現在、吉野家は、国内1,216店舗、海外915店舗を展開しています。
吉野家ホールディングスのグループ経営理念である「For the People」の実現のため、飲食業を取り巻く変化に適応し、従業員一人ひとりが変化への強い意志を持って活動しております。そして、長期ビジョン達成に向け、「競争」から「共創」へという考え方のもと、新しい市場創造・価値提供を実現し、「飲食業を再定義」に向けて挑戦を続けています。

※CREPICO\クレピコはセイコーソリューションズ株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。

発表日:2019年7月4日

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 データサービス本部 CREPiCO統括部
 担当:石河  tel:043-211-1154  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
セイコーソリューションズ株式会社(セイコーソリューションズカブシキカイシャ)
代表者
関根 淳(セキネ ジュン)
所在地
〒261-8507
千葉県美浜区中瀬1-8 SIIビル
TEL
043-273-3147
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.seiko-sol.co.jp/company/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.