2019年07月23日 16:30

2.1兆円の経済活動を生み出す世界最大の起業家支援ネットワークEndeavorがスマート保育園構想の「ユニファ」をグルーバル支援企業に認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本リリースは一般財団法人 エンデバー・ジャパンとユニファ株式会社の共同リリースになります。

世界最大の起業家支援ネットワークEndeavor(以下エンデバー、本部:ニューヨーク)では、このたびユニファ株式会社(東京都台東区、代表取締役土岐 泰之、以下ユニファ)を、2019年7月に東京で行われた第88回エンデバーISP(最終国際選考会)にて日本人起業家としては8社目となるエンデバー・アントレプレナーとして選出いたしましたので、お知らせいたします。

東京で開催された第88回のエンデバーISPの会場には、世界各地の地域選抜を勝ち抜いてきた17社の起業家が集結し、3日間の厳しい選考に臨みました。そして、ベトナム、UAE、SPAIN、プエルトリコ、サウジアラビア、マレーシア、イタリア、インドネシア、アメリカ、チリから17社31名の起業家がエンデバー・アントレプレナーに選出されました。
これにより、エンデバーは34の国と地域で累計1,911社、1,195名の起業家の支援を行うこととなりました。2018年にエンデバー・アントレプレナーが創出した雇用は累計300万人を超え、世界中で200億ドルの経済活動を生み出しています。2019年の下半期は、エクアドル、アルゼンチン、アメリカ、トルコ、メキシコでISPを開催予定です。

●第88回ISPに関する公式ブログ(英語)>> https://endeavor.org/blog/events/endeavor-selects-31-entrepreneurs-12-markets-88th-international-selection-panel-tokyo/

エンデバー・アントレプレナーの選考は、それぞれの地域で複数の選考を勝ち抜いた起業家を対象に、第一線の起業家やVC、投資家、そして各国産業におけるキーパーソンなどが参加して行われます。その採取通過率は全体の2.5%と非常に狭き門です。
エンデバー・アントレプレナーは、彼らのビジネスが大きな経済活動を生み出すことはもとより、世界経済と次世代の起業家に寄与する「pay it forward」の資質を持つ起業家のみが選出されています。選出されたエンデバー・アントレプレナーは、地域の枠を超え、その起業家が必要とするさまざまな支援をエンデバーのネットワークから受けることが可能になります。

エンデバー・ジャパンは、世界経済に貢献するハイインパクトな日本の起業家を選出し、豊富な知見や資本、世界各地のネットワークを通じて支援する活動を加速させて参ります。また、エンデバーの世界の起業家支援ネットワークに参加し、世界経済に寄与するCVCやLP、そしてメンターとなる起業家の方々を募ってまいります。さらに国内では、今後は精力的に国内でイベントなどを行い、世界各地域で行っているベンチャー支援で得られた知見を、日本のベンチャー支援エコシステムに携わるベンチャーキャピタルや企業内投資ファンド、投資家、そして起業家の方達に広く共有する機会を設けていく予定です。


~Endeavor Entrepreneurの選出に寄せて~
【ユニファ株式会社 代表取締役 土岐泰之より選出に対するコメント】
この度はエンデバー・アントレプレナーに選出された事、大変光栄に思います。
2013年5月の創業時には「園と家族を繋げる家族コミュニケーション」を考えながら、事業を進めていました。そこから、保育の現場に足を踏み入れていき、保育業界の奥深さを知り、現在の「スマート保育園構想」に辿り着きました。

世界共通でかけがえのない宝である「子ども」の成長支援を、「Childcare×AI」のプラットフォームによって実現することが、我々の使命と考えております。
保育業界の課題は日本国内と海外でも多くの共通点がある為、エンデバーに海外展開に関する支援をして頂きながら、今後はグローバルにソリューションを提供し、子育て領域における世界ナンバーワンを目指し、弊社チーム一丸となって精進致します。

【審査員コメント】
■Ayman Ismail (Chairman &CEO of DMG Group Eygpt) からのメッセージ
私自身が子どもをもつ親として、ユニファ社のサービスは掛け替えのない価値を持つと確信しており、とても素晴らしい事業だと感じています。また、ユニファ社のサービスは、高い参入障壁がある日本の保育業界で既に広く導入されており、この信頼を勝ち得たユニファ社の事業ビジネスは、日本だけでなくグローバル市場においても、広範な展開が可能でしょう。

■Raoul Oberman (Co-founder & CEO of Artemis Impact Pte Ltd) からのメッセージ
ユニファ社は、非常に大きな可能性がある事業を推進しています。今後、日本市場からグローバル市場に飛躍していくことでしょう。適切な戦略のもと海外進出する事で、グローバル市場における幅広い顧客のニーズにも応える発展・進展していくことが可能でしょう。

■エンデバージャパン チェアマン 松本大氏からのメッセージ
ユニファは、CEO土岐さんの「保育園業界の環境、ひいては子育てに関わる人全ての環境を良くしたい」という情熱を原動力に、IoT/AIの力を取り入れることで、保育従事者の労働環境を改善し、保育の質を更に向上させることを目標とするスマート保育園構想の実現に邁進している企業です。
土岐さんの情熱が信頼を集め、「心と時間の余裕」を保育環境に与えるというクリアなミッションのもと活動し、その事業を伸ばしてきたのでしょう。
さらに、十数年に亘り、外資系証券会社であるモルガン・スタンレー証券の投資銀行部門でキャリアを積まれた星直人さんもCFOとして経営陣に参画し、これから更なる飛躍が期待できます。
Endeavorは、土岐さんたちユニファの日本での事業拡大はもとより、海外のメンターネットワークを通じた海外進出をサポートしていきます。



■Endeavor (エンデバー)とは?
エンデバーは、1997年設立の世界最大の起業家支援NPOネットワークです。世界30の地域、60の都市にわたるネットワークを中心に支援すべき起業家の選出と、彼らへのメンタリングや資金調達援助を通じ、世界経済の成長に貢献することをミッションとしています。
全世界でエンデバーの支援する起業家が2018年にエンデバー・アントレプレナーが創出した雇用は累計300万人を超え、世界中で200億ドルの経済活動を生み出しています。起業家支援ネットワークは世界中に広がっており、LinkedInの創業者リード・ホフマンをはじめ、それぞれの地域で事業成功経験や投資実績を有するボードメンバーは500名、メンターは3000名を超えます。
Endeavor Global >> http://endeavor.org/

■Endeavor Japan について
社名:一般財団法人 エンデバー・ジャパン
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9-2大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3F グローバル・ビジネス・ハブ・東京内
代表理事:高野 真
チェアマン:松本 大
Managing Director:眞鍋 亮子

■本件お問合せ:Endeavor Japan広報担当 森下麻由美
メール:pr_jp@endeavor.org 電話:03-3407-5780

▼参考記事
エンデバージャパン プレスリリース
https://www.endeavorjapan.org/pdf/pdf190723.pdf
  • 医療、福祉

会社概要

商号
ユニファ株式会社(ユニファカブシキガイシャ)
代表者
土岐 泰之(トキ ヤスユキ)
所在地
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-16-3 丸の内A・Tビル10F
TEL
052-212-5717
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://unifa-e.com/
公式ブログ
https://www.wantedly.com/companies/unifa-e/feed
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.