2019年08月27日 13:00

【オーダー金属建材の菊川工業】リトアニア・プロジェクトにステンレス大型鏡面パネルを納品~当社の品質を担保するため現地にて施工アドバイスも実施~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建築物の金属製内外装工事を手がける菊川工業株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:宇津野嘉彦、以下菊川)は、バルト三国の南に位置するリトアニア共和国の首都ヴィリニュス旧市街のプロジェクト「Boksto 6(呼称:ボクスト シックス)」に、大型鏡面パネル450m2を昨年の11月と今年の7月の2回に渡り施工したことをお知らせします。これらの製品は、8月30日までに行われるクライアント側の検査を経て、納品完了となる予定です。
リトアニアでは他に施工例がないと思われるステンレス大型鏡面パネルを細目地*で精度良く納めるため、契約に基づき、菊川の取付職人とプロジェクト担当者の計2名を施工アドバイザーとして、納品時に現地に派遣しました。このことにより、施工精度も菊川の品質基準に則った製品を納めています。このリトアニアでの取組は、日本の金属工事業の会社として菊川が初めてとなるものです。
「Boksto 6」は、2015年にロンドンの設計事務所からの相談を受け、スペックしたのが始まりです。一面をシームレスな鏡面パネルでデザインしたいという要望を、他社では対応が難しい大型パネルで提案。菊川の鏡面パネル技術と大型パネルの実績を評価していただき実現したプロジェクトです。

*目地:パネルとパネルとの間の隙間。通常は化粧面からビスなどでパネルを取り付けるため10~15mm前後の目地幅を設ける。近年の化粧材はシームレスが好まれる傾向があり、パネルはより大きく目地はより細くすることが求められる。本プロジェクトでは、屋根で8mm、外壁で6mmの目地で納めています。

■ 「Boksto 6」概要
場所:リトアニア、ヴィリニュス
竣工予定:2020年5月
施主:UAB OGVY(リトアニア)
設計:Studio Seilern Architects/Christina Seilern(ロンドン)
施工:Panevezio Statybos Trestas UAB(リトアニア)

「Boksto 6」は、リトアニアの首都ヴィリニュスの中心部にある旧市街で開発する、13,265m2の複合施設。劇場、ジャズバー、レストラン、スパ、住宅およびオフィスなどの施設を含む6つの建物と広い中庭や庭園で構成されます。その旧市街は、1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、「Boksto 6」はヴィリニュス歴史地区の中心部の最も古い通りの1つを見下ろす位置にあります。
バロック様式とゴシック様式の建物を復元し歴史的要素を保存するコンセプトのもと、菊川が納めた鏡面パネルが歴史的景観を映し古い街並みの景色を増大することで、新旧の融合を目指しています。

■ 担当者のコメント
「Boksto 6」は、2015年に入社した私が海外プロジェクト部門に配属後に初めて担当を任された案件です。当社としても初めてであるリトアニアのプロジェクトということで不安もありましたが、無事に納品までこぎつけることができホッとしています。英語力を活かす営業担当者としてだけでなく、設計から施工までの一連の管理を経験し、今後の業務にも自信をつけることができました。
菊川工業 プロジェクト統括二部 勝谷亜依

■ 菊川工業の海外プロジェクトの変遷

1933年創業から現在まで、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東など世界中のプロジェクトに菊川は携わっています。
その最初は、1957年の南極・昭和基地の営舎金物製作でした。その後、1960年初頭ごろから単発的に、国内のお客様の要請を受け、ベトナム・ダニムの発電所の外装や、アメリカ・ワシントンDCや西ドイツ・ボンの日本大使館の金属工事などに携わりました。
1980年代になると、こちらから積極的に展開するようになり、マレーシア・クアラルンプールのダヤブミビルやマカオのフェリーターミナルビルなど、比較的規模の大きいプロジェクトに参画。1990年代は、香港以外にもシンガポールや台湾に現地法人を設立していたこともあり、毎年のようにアジアを中心に数件のプロジェクトに参画しました。
これらの経験を踏まえ2004年からは、世界的なメーカーが世界中に展開する店舗の受注を獲得するに至り、海外展開を確かなものとしました。
2000年のタイの寺院であるダーマカイパコダや2017年のロンドンのブルームバーグ新欧州ビルのような、海外プロジェクトならではの規模が桁違いに大きいプロジェクトも受注するようになり、そのたびに組織を含めた体制構築や新規の設備投資を行うなどして、お客様に満足いただけるようにプロジェクトを完遂。経験を積み、ノウハウをさらに蓄積しています。

■ 菊川工業会社概要
菊川工業は1933年創業のオーダーメイドの金属建材メーカーです。創業以来、時代をリードする国内外の建築物に果敢に挑戦しており、今年2月に竣工した「EQ House(六本木)」のデザインパネル工事などにも参画しています。今年からは店舗ファサード及び内装・インテリア部門である「プロジェクト開発部」を発足するなど、常に新しい課題に挑み続けています。
<施工例> 東京スカイツリー/展望台パネル、東京駅丸の内駅舎/ドーム柱型、東急プラザ表参道/万華鏡パネル、エイベックスビル/レセプションカウンター、ブルームバーグ新欧州本社屋/ブロンズ工事など、海外物件を含め多数

[社名] 菊川工業株式会社
[代表者] 宇津野 嘉彦 (うつの・よしひこ)
[所在地] 本社:東京都墨田区菊川2-18-12
工場(キクカワテクノプラザ):千葉県白井市中98-15
事業所:大阪、香港、ホーチミン、上海
[設立] 1933年11月1日
[資本金] 1億円
[従業員数] 202名(2018年12月20日現在)
[URL] https://www.kikukawa.com/
[関連会社] キクカワタクト株式会社

<本件に関するお問合せは下記までお願いいたします>
菊川工業株式会社 広報Webチーム 担当 田部井、中村
TEL:047-492-0144
E-mail:web@kikukawa.com


  • 住宅、建築、不動産

会社概要

菊川工業株式会社
商号
菊川工業株式会社(キクカワコウギョウカブシキガイシャ)
代表者
宇津野 嘉彦(ウツノ ヨシヒコ)
所在地
〒130-0024
東京都墨田区菊川2-18-12 
TEL
03-3634-3231
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.kikukawa.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.