2019年09月03日 14:00

業績は予想を超え、ジンコソーラー株価8%に大幅上昇した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月30日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)が発行した第2四半期の決算により、営業成績は予想より優れ、太陽光発電モジュールの総出荷量は3386GWで、前年同期比21.2%増、前月比11.5%伸びた。総収入は69.1億元、前年同期比14.1%増、粗利益率は16.5%で、前年同期比4.5%伸びた。

同社が第2四半期の業績表現は予想よりの優れ、第3四半期及び全年良い見込みのおかげで、当日の株価は強力で、最高値が22.09ドルまで達し、最近の高値を超え、平均上昇幅は8.32%を超えた。

会社の下半期予測について:
1.出荷量は引き続き上がり、2019年通年には、太陽光発電モジュールの総出荷量は14.0GWから15.0GWまで予想され、単結晶高効率製品は通年の70%に占めている。
2.販売価格は着実に上昇し、ASPの向上は高効率単結晶市場製品の市場承認度と市場占有率の上昇によるものである。
3.単結晶ウェハの生産能力は大幅に向上し、垂直統合コスト優位点はますます明るくなり(単結晶ウェハ生産能力は年末に10.5GW、来年上半期には16.5GW、世界のトップ3の単結晶ウェハメーカーに体現されている)、製造コストは着実に下がり、新しい単晶生産能力が生産に入って貰った粗利益率は着実に上昇したため、ジンコソーラーは既に最も競争力の備えた一体化の単結晶高効率製品メーカーになってきた。
4.下半期の業績見込みが楽観的で、収入と粗利益率は引き続き上昇している。2019年第3四半期には、会社によって、太陽光発電モジュールの出荷量は3.2GWから3.5GWまでになり、営業収入は9.8億ドルから10.7億ドルまでと予想され、粗利益率は18%から20%までになると目指している。
5.運営効率は明るく上昇し(生産面での生産増効を反映し、財務面での未収と在庫回転の加速を反映している)、上半期には、前金は大幅に増加している(受注状況の展望が良好)。
6.両面Swanモジュールの市場放出量とSwan以降の次世代の製品の先進的なプロセスはスムーズに進み、会社の市場競争態勢をさらに強化する。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが10.5GW、太陽電池が7.4GW、太陽光発電モジュールが12.6GWに達している。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.