2019年09月06日 18:00

「第38回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」の優勝者が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GAMAKATSU PTE LTD と株式会社 がまかつが共催する【第38回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権】が 、9月1日(日)~9月3日(火)の3日間にわたり、広島県広島湾一帯で開催された。各地の予選を勝ち抜いた選手に、がまかつ推薦とシード選手を加えた 35人が、栄えあるG杯を目指し釣技を競った。
大雨で幕を開けた予選。水潮と極端な濁り、水温低下が相まって1回戦は不調だったが、潮が満ちるとともに釣果は上向きとなり、4回戦で総重量7キロを超える選手も現れた。
決勝トーナメントには、西田英司選手(牛窓)と、車孝信選手(家島)、桑原将太選手(九十九島)、沖永吉広選手(がまかつ推薦)、太田賢一選手(若狭大島)、山本哲也選手(沖縄)、各組2位から上位2人を選ぶワイルドカード枠から小川達矢選手(シード)、青木重人選手 (富浦)の8人が進出。そして、その後の準々決勝と準決勝を経て、車選手と青木選手が残った。
*括弧内は選出予選会場名
決勝戦のフィールドは「弁天磯南」。タナをしっかり取る普段の釣りで順当に上がってきた車選手と、ラスト数分の1尾で勝利するなど勢いに乗る青木選手の戦いだったが、前後半に1尾ずつ計2尾を釣った車選手が終始リードを保ち、見事に初優勝を果たした。

なお、同時におこなわれた3位決定戦では、桑原選手が、試合前半に釣った1尾を守り切って3位に入り、次回大会のシード権を奪取した。

1位 車 孝信 選手
2位 青木 重人 選手
3位 桑原 将太 選手
4位 太田 賢一 選手
●優勝者コメント
タナを決めて仕掛けを「立てる」釣り、つまり仕掛けを張る普段の釣りとウキを沈める二通りで試釣したのですが、どちらも釣れたので、しっかりタナをとる自分の釣りで挑みました。潮が安定しなかったので、その釣りが合ったように思います。試釣に協力してくれた仲間のためにも次大会もがんばります。

◆次回開催概要
第39回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権  ※日付会場共に未定
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
GAMAKATSU PTE LTD(ガマカツピーティーイーエルティーディー)
代表者
藤井 敏孝(フジイ トシタカ)
所在地
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル3階
TEL
06-6344-3317
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.gamakatsu.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.