2019年09月09日 11:00

作業用手袋メーカー、東和コーポレーションの挑戦 ロボット用手袋の販売を開始します ロボットによる水・油作業が容易に、“滑る”、“つかみづらい”を大幅に改善します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作業用手袋メーカー、株式会社 東和コーポレーション(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長 渡辺聡、以下 東和)は、工場などで使われる産業用ロボットのハンド部分を水や油から保護し、グリップ力を確保するロボット専用手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」を開発、9月18日より製品の発売を開始いたします。
近年、工場などの製造現場ではオートメーション化が進み、日夜様々なロボットが稼働しています。その中で特に、水や油などを使用する現場におけるロボット作業のトラブルや困りごとを、グローブによって解決する技術を開発しました。作業用手袋メーカーだからこそ出来る発想と技術でロボット用手袋も解決へと導きます。

◆ 開発の背景 : ロボットの新たな可能性を引き出す!

産業用ロボットは、様々な製造ラインで、人の代わりに作業を行っています。しかし、人が行う作業は多種多様で、全ての工程をロボットに任せることが出来るわけではありません。中でも水や油などの液体を扱うようなラインでは、ロボットへの液体の侵入が故障の原因となるため、人手での作業が必要となっています。しかしながら、労働人口の減少や賃金上昇などの背景から、このようなラインでもロボットを稼働せざるを得ない現場もあります。
実際に水や油を扱うラインで産業用ロボットを導入している生産現場では、製品(ワーク※1)を確実にグリップして移動させるなどの動作においても、グリッパーできちんとつかむことが難しかったり、掴んだものを落としてしまうチョコ停※2の発生などが、課題となっています。また故障発生時には修理の時間や費用が必要となっています。
これらの課題を克服する手段として、ロボグローブによる大幅な把持力の向上が、作業効率の上昇に寄与すると考えております。
※1.協働用ロボットがつかむ対象物をワーク、つかむ部分をグリッパー(またはハンド)と呼びます。
※2.生産設備のトラブルによる機械の停止や空転などが複数回起こる「ちょこちょこ起こる停止」をこう呼び、頻発すると生産性の低下を招きます

◆ 基本はカスタマイズ生産 : グリッパーの形状に合わせて製作!
工場で稼働しているロボットは一様ではなく、生産現場毎にカスタマイズされていることが多く、グリッパーも大きさや形状など多様です。また、ラインに使用されている液体も様々で、改善したい困りごとも生産現場毎に存在するため、ロボット専用手袋も現場毎にカスタマイズ対応する必要が生じます。東和は生産現場のご希望に応じた最適な手袋を提案して参ります。

◆「ROBO Glove(ロボグローブ)」の特長
● 故障から守ります
手袋は、故障の原因となる水や油などの異物侵入を防ぎ、強度を保つ合成ゴムを含む独自の特殊4層構造となっています。
● 生産性を向上します
ワークとの接点には、東和の“人間用”の作業用手袋にも多く採用されている独自スベリ止め加工「マイクロフィニッシュ(R)」を施しています。そのため、グリッパーの標準品やその他の素材と比較して、様々な状況下において非常に高い把持力を持っています(当社測定値より)。

◆ 名古屋ネプコンジャパンに出展
東和では、2019年9月18日(水)~20日(金)に「ポートメッセなごや」で開催される「第2回名古屋ネプコンジャパン」に出展します(「名古屋ロボデックス展」などと同時開催」)。水や油の中で実際にロボットが作業する様子をデモンストレーションし、その機能性を間近でご覧いただけます。
同展示会ご来場の際には、ぜひ東和ブースにお立ち寄りください。

◆ 汎用品紹介
東和のロボット専用手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」は、企業毎に使用されている産業用ロボットの形状に合せてカスタマイズ製作いたしますが、市場で販売されているグリッパーに対応した汎用品もご用意しています。
<ロボグローブ>
対応機種 ON ROBOT社 RG-2
用途 グリッパー全体の防水性の向上
カラー ブラック
材質 表:ニトリル、裏:ナイロン

<ロボフィンガー>
対応機種 ON ROBOT社 RG-2
用途 フィンガー部分の把持力の向上
カラー グリーン
材質 表:ニトリル、裏:綿・ポリエステル

<ロボシート>
対応機種 フリー
用途 フィンガー部分の把持力の向上
カラー グリーン
材質 表:ニトリル、裏:綿・ポリエステル、両面テープ:ポリエチレンフォーム

<ロボカバー>
対応機種 UNIVERSAL ROBOT社 UR-3
用途 ロボット本体の防水性・防塵性の向上
カラー グローブ:ブラック、カバー:白・グレー・紺
材質 カバー:ポリエステル・塩ビ

共通項目 価格:オープン、発売日:2019年9月18日、生産国:バングラデシュ、日本

◆ お客様からいただいているご要望
東和では、ロボット専用手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」の試作品を、これまで昨年「第一回名古屋ロボデックス」と「国際ロボット展(東京)」の2回展示しました。想定を上回るロボット関係者の方々にご注目いただき、「こういうのが欲しかったんだよ」「ぜひうちのロボット用に作って欲しい」などのご意見をいただき、製造現場で産業用ロボット専用の手袋が求めていることに驚いた次第です。
東和ではこれらの熱いご要望を力に開発ギアを上げ、この度の「ROBO Glove(ロボグローブ)」発売開始の発表となりました。
工場技術者の方々のご要望から、「ROBO Glove(ロボグローブ)」は「2本指タイプ」では世界初の製品化で、かつ日本で初めてのカスタマイズ対応のロボット用グローブになったのではないか考えております(未確認)。

◆ 商品に関するお客様のお問い合わせ先
東和では、ロボット専用手袋「ROBO Glove(ロボグローブ)」を各社使用の産業用ロボットの役立つものとして行きたいと考えております。ご相談をお待ちしております。
東和コーポレーション お客様相談室 TEL:0120-62-1001、受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)
また、ロボグローブ専用サイトからもお問い合わせが可能です。
ロボグローブ専用ホームページ URL: https://www.robo-glove.jp

◆会社概要
東和コーポレーションは70年にわたって作業用手袋を作り続け、世界中で農林水産業、各種製造業、運送業など様々な事業現場から家庭まで、幅広く「手」を使う仕事を支えています。これからも工場向け、農業・水産業向け、園芸向けなどの手袋をはじめとして、安全性の向上や、作業効率の向上を願い、お客様の困りごとを解決できるような良い製品を提供して参ります。
社名: 株式会社 東和コーポレーション
代表者: 渡辺 聡
資本金: 5500万円
創業: 1947年
売上高: 66億円(2018年度)
従業員数: 174名(2019年4月1日現在)
本社: 福岡県久留米市津福本町227
URL: https://www.towaco.co.jp
工場: 佐賀工場(佐賀県唐津市厳木町)、上海工場(中国・上海市金山区)、
マレーシア工場(ペナン) 、バングラデシュ工場(パブナ:イシュワルディEPZ)
東部工場/配送センター/リサイクルセンター(佐賀県三養基郡)
事業内容: 家庭用・工業用・作業用、各種手袋の製造・販売等

【報道関係者の方々のお問い合わせ先】
株式会社 東和コーポレーション 広報部
(東京) TEL:03-5645-7072 FAX:03-3662-1086 岩下、田邉
(本社) TEL:0942-32-8355 FAX:0942-38-3527 池本
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社東和コーポレーション(カブシキガイシャトウワコーポレーション)
代表者
渡辺 聡(ワタナベ サトシ )
所在地
〒830-0047
福岡県久留米市津福本町227番地 
TEL
0942-32-8355
業種
製造・メーカー(化学)
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.towaco.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.