2019年09月19日 12:00

9月19日(木)発売 『グローバル・モード-海外の相手を動かすビジネスミーティングの基本』 日本のローカルからモードを切り替えれば海外ビジネスは上手くいく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短期集中英会話プログラムを運営するイングリッシュブートキャンプ株式会社(本社:東京都世田谷区)の代表取締役社長 児玉教仁は、海外相手のビジネスで成果を出す秘訣をミーティングのプロセスに沿って解説した一冊『グローバル・モード-海外の相手を動かすビジネスミーティングの基本』をダイヤモンド社より9月19日(木)に出版致します。
■英語力が問題なのではない----
日本のローカル基準からモードをうまく切り替えれば、
海外ビジネスはうまくいく!
たった7日間で、英語の苦手なメンバーをグローバル・ビジネスの即戦力にする――というと、怒涛の英語漬け研修を行なったのかと思われるかもしれません。特に著書の児玉教仁は英会話スクールを経営しているのでなおさらです。しかし、英会話に費やしたのはたった1日。あとの6日は、日本人に決定的に足りていないスキルの習得にフォーカスして、見事に研修生全員が海外で戦えるまでのグローバル人材へと変貌しました。それが、「グローバル・モード」を身につけることです。本書では実際に行われている大手企業グローバル研修で培われたノウハウが多く収録されています。
■大手総合商社、ハーバード・ビジネス・スクールで学んだ著者が海外相手のビジネスで成果を出す秘訣を、ミーティングのプロセスに沿って解説!
・挨拶とアイスブレークから関係性を作る
・会議ではホワイトボードを制圧する
・会話の主導権を奪取するコツ…
等々、海外相手のビジネスで成果を出すために必須の「実践ツール」を多数収録。ミーティングの様々なシーンで使い倒せる「汎用性の高いもの」に絞り、よく使われる英語表現と共に解説しています。本書の一連の流れを把握すれば、グローバルのミーティングでも円滑にビジネスを進めることが出来る、そんな内容の一冊になっています。
■著者プロフィール
児玉教仁(こだま・のりひと)
イングリッシュブートキャンプ株式会社代表
ハーバード経営大学院 ジャパン・アドバイザリー・ボードメンバー
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー アドバイザー
静岡県出身。静岡県立清水東高等学校を卒業後、1年半アルバイトで学費を稼ぎ渡米。ウィリアム・アンド・メアリー大学を経済学・政治学のダブル専攻で卒業後は、シアトルでヘリコプターの免許を取得後帰国。1997年4月三菱商事株式会社入社。鉄鋼輸出部門に配属され様々な海外プロジェクトに携わる。2004年より、ハーバード経営大学院に留学。2006年同校よりMBA(経営学修士)を取得。三菱商事に帰任後は、米国に拠点を持つ子会社を立ち上げ代表取締役として経営。2011年同社を退社後、グローバル・リーダーの育成を担うグローバル・アストロラインズ社を立ち上げる。2012年よりイングリッシュブートキャンプを主宰。イングリッシュブートキャンプ社代表も務めるかたわら、大手総合商社各社、東京海上、ANA、TOTO、ダイキン等、様々な国際企業でグローバル・リーダー育成の講師としてプログラムの開発・自らも登壇している。
<書誌情報>
書名:『グローバル・モード:海外の相手を動かすビジネス・ミーティングの基本』
著者:児玉教仁
版元:ダイヤモンド社
判型:A5判並製、244ページ
発行:2019年9月18日
定価:本体1600円+税
ISBN:978-4-478-10889-5
<目次>
まえがき:英語力より重要なのは、ローカルの常識から脱却し、グローバル・モードにシフトすること

STEP0 土台作り-文化の違いを踏まえて、活発に議論できる環境を整える
1. まず最初に、文化の違いを理解する
2. 挨拶とアイスブレークで関係を築く
3. 会議体のプライドを醸成する
4. 会議のアジェンダを共有する
5. 会議体のギアを一段上げる

STEP1 現状把握-後の意思決定や交渉に備え、なるべく情報を引き出し、問題を明らかにする
1. 問題を定義して原因を特定する
2. 相手に吐露させるヒアリングのコツ
3. 発言を理路整然と組み立てる

STE2 ゴールの設定-どこを目指すべきなのか、ゴールを洗い出し、現状とのギャップを認識する
1. ゴール設定は相手次第の場合
2. ゴールを会議体で作り上げる場合
3. 異論を出し合う技術
4. 合理的に結論へと導く技術

STEP3 実行フェーズ-打ち手を考え、具体的なタスクに落とし込んで行動を後押しする
1. 五月雨式の議論を制する
2. 場合別の打ち手の選び方
3. タスクの緊急度を上げ、勝ち癖をつける
4. 議事録とフォローアップ

あとがき:グローバル・モードに切り替えられれば、日本のビジネスパーソンは前途洋々
巻末付録:グローバル・モードでNGの話題

<会社情報>
社名: イングリッシュブートキャンプ株式会社
代表: 代表取締役社長 児玉 教仁(コダマ ノリヒト)
本社: 東京都世田谷区玉川3丁目20-13 スパイスコート玉川3F
TEL.03-5797-9801(平日10:00~18:00 ※月曜定休)
URL: 「イングリッシュブートキャンプ」
https://english-bootcamp.com/
「イングリッシュブートキャンプアカデミア」
https://academia.english-bootcamp.com/
設立: 2018年5月16日
「イングリッシュブートキャンプ」は2012年に親会社であるグローバルアストロラインズ株式会社が企画・運営をスタートさせました。2018年5月よりイングリッシュブートキャンプ株式会社が企画・運営しています。
事業内容: 超短期間英会話プログラム「イングリッシュブートキャンプ」企画・運営
人材開発ソリューション
デジタル教育ソリューション
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
イングリッシュブートキャンプ株式会社(イングリッシュブートキャンプカブシキカイシャ)
代表者
児玉 教仁(コダマ ノリヒト)
所在地
〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-21-1 アーバンコート玉川4F
TEL
03-5797-9801
業種
教育関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://english-bootcamp.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.