2019年09月26日 15:00

VRで空室期間を半減 いえらぶ「仲介会社向けサイト」にVR内見機能が搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産業に特化した業務支援サービス「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介 以下「いえらぶGROUP」)は2019年9月26日、物件確認から入居申込みをウェブで完結させる「仲介会社向けサイト」にVR内見機能を搭載しました。これにより、空室募集にかかる期間の大幅な削減に貢献します。
■概要
「仲介会社向けサイト」は管理会社が仲介会社に対して、ウェブ上で自社の空室情報をリアルタイムで共有し、内見予約や入居申込みを受け付ける機能です。
今回、本サイト上で物件のVR内見が可能になりました。管理会社は入居中や原状回復工事中の物件でも、バーチャルな内見体験を仲介会社に提供できるようになり、空室期間の大幅短縮が期待できます。


■バーチャル内見体験により、空室期間を短縮
物件の広告出稿や紹介活動は、前入居者の退去・原状回復後に開始されることが一般的です。これは原状回復後でないと内見を行えないためであり、空室期間が長期化する要因にもなっています。東京23区の物件の場合、平均空室期間は2.6ヶ月(※)です。
「仲介会社向けサイト」のVR内見機能を利用することで、管理会社は退去前の物件でも内見と同等のバーチャル体験を仲介会社・入居希望者に提供できます。退去・原状回復を待たずに仲介会社が物件を紹介できるようになるため、その分空室期間が短縮されます。退去決定から原状回復までの約1ヶ月の空室期間が削減されることとなり、オーナー満足度の向上にもつながります。
※株式会社タス 賃貸住宅市場レポート首都圏版2019年7月度より

■今後の展望
いえらぶGROUPでは今後も、空室期間の短縮に貢献するVRサービスを研究・開発していきます。VRはいまだ普及の途上であり、どのようなコンテンツ作りが最適なのか、不明確な部分もあります。「仲介会社向けサイト」でのVRの活用事例と、その後の入居申込みへの行動を分析することで、どのようなVRがより適切な情報を視聴者に与え、入居の意思決定に寄与するのか知見を蓄積し、VRの発展と普及に役立てていきます。

■株式会社いえらぶGROUPについて
いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。
いえらぶGROUPは今後も不動産業界のIT化を促進し、よりよい“住”環境の実現に向けて努めてまいります。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者:岩名 泰介
設立:2008年1月
資本金:3,825万円
URL:https://www.ielove-group.jp/
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

株式会社いえらぶGROUP
商号
株式会社いえらぶGROUP(カブシキガイシャイエラブグループ)
代表者
岩名 泰介(イワナ タイスケ)
所在地
〒163-0224
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
TEL
03-6911-3955
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ielove-group.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.