2019年10月10日 12:00

小松左京音楽祭にビッグゲスト登場! 五木ひろしがオーケストラと共にTV版「日本沈没」主題歌を歌う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スリーシェルズは、小松左京音楽祭について、特別ゲストとして「五木ひろし」が出演することを10月10日に発表した。

小松左京音楽祭にビッグゲスト登場!
五木ひろしがオーケストラと共にTV版「日本沈没」主題歌を歌う!

世田谷文学館の 小松左京展や、アニメ「日本沈没2020」制作決定など大きな盛り上がりを見せている生誕88年の小松左京。今年行われる小松左京関連イベントでは最大規模の1つとされる「小松左京音楽祭」にビッグゲスト登場が決定しました。
日本人なら誰もが知るであろう「歌手 五木ひろし」が登場するのです!
オーケストラとロックバンドの共演だけでない、さらなる楽しみが増えました!

「明日の愛」と「小鳥」で五木ひろし出演決定!

オーケストラとTV版『日本沈没』なら五木さんにお願いするしかない!
樋口真嗣監督が「 どうしても聴きたい!」と願ったビッグゲスト五木ひろし。
たくさんのファンが熱望していた五木ひろし歌唱による「明日の愛」(TV版『日本沈没』主題歌)、その歌声がオーケストラと共に味わえるのです。。
そして、番組挿入歌としてファンに知られる隠れた名曲「小鳥」も歌って頂けることになりました!
これはレコード用に歌って以来、ステージで歌う機会も殆どなかったという幻の名曲です。
実際に『日本沈没』のテレビドラマにも俳優として出演していた五木ひろしにとっても意義深いステージとなることでしょう。

1974年当時の最先端のサウンドを取り入れたゴージャスなアレンジの「明日の愛」と「小鳥」を再現した感動のメロディーは涙なしには聴けません。

哀切に希望を歌い、力強く愛を歌いあげる、五木ひろしの唄声をオーケストラと共に堪能しよう!

五木ひろし出演のニュースとともに、小松左京音楽祭開催に向けて、音楽祭の呼びかけ人である樋口真嗣監督と樋口尚文監督からのコメントも到着!

樋口真嗣(映画監督)より

この停滞と混迷の時代、我々人類に必要なのは「未来」であります。
絶望的な破滅とそこから立ち上がる復活のビジョン
こそ小松左京先生の指し示した「未来」であり、それを奏で彩るのは数多の楽曲でした。

その中でも絶対に欠かせないのが、
五木ひろしさんの歌声なのです。
国土を喪う悲しみとそれでも生きようと愛を信じて希望を歌い上げる「明日の愛」。
そしてリリース以来45年ぶりの歌唱となる劇中歌「小鳥」。
小さな命に託すのは希望と書いて「ひかり」なのです。

----------------
樋口尚文(映画監督・映画評論)より

『日本沈没』には愛する日本を失う日本人の哀切と、
新たな世界へ旅立つ希望が描かれています。五木ひろしさんの
主題歌「明日の愛」は、その両方をエモーショナルに
歌い上げる名曲。そして小松左京音楽祭では、五木ひろしさんご本人が
「明日の愛」を熱唱するという奇跡が起こります!これは
日本が沈没するよりレアな事態です!

■オーケストラによる「小松左京音楽祭」
日時:2019年11月30日(土)16時から18時半頃を予定
会場:成城学園 澤柳記念講堂ホール(会場は学園内にあるため学園への入場は開演60分前からでお願いします)

演奏曲目:小松左京作品に関わる音楽の演奏会(「日本沈没」を中心に)
伊福部昭「ゴジラ」メインタイトルより(メイソン・アンド・ハムリン選定に関わった作曲家)
佐藤勝 映画「日本沈没」組曲
広瀬健次郎 テレビ「日本沈没」組曲
田中正史 ラジオドラマ「日本沈没」の音楽より
京建輔 映画「エスパイ」組曲
ほか。
楽譜復元:吉原一憲、今堀拓也

特別ゲスト:五木ひろし

指揮:松井慶太 コンサートマスター:三宅政弘
演奏:オーケストラ・トリプティーク、金属恵比須

主催:小松左京音楽祭実行委員会、スリーシェルズ
協力:世田谷文学館、世田谷区(申請中)

チケット一般 \5,000 (税込)
大学・専門学生 \3,000 (税込)
中・高校生 \2,000 (税込)

【先行発売】イープラス
■購入ページURL(先行販売10/11まで)
https://eplus.jp/sf/detail/3113330001-P0030001

■一般発売(10/12から発売)
https://eplus.jp/sf/detail/3113350001-P0030001

主催問合 070-5464-5060(スリーシェルズ・西)

メール スリーシェルズ info@3s-cd.com

五木ひろし【略歴】
1948年3月14日生まれ、福井県三方郡美浜町出身。1964年(昭和39年)に「コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝し、コロムビアレコードよりデビュー。1970年(昭和45年)「全日本歌謡選手権」でグランドチャンピオンに輝き、翌1971年(昭和46年)「五木ひろし」として「よこはま・たそがれ」を発表。この曲の大ヒットにより数多くの賞を受賞し一躍ミリオンセラー歌手となる。NHK紅白歌合戦48回連続出場(歴代1位タイ)の他、日本レコード大賞”大賞”2回、”最優秀歌唱賞”3回(歴代1位)、”金賞”10回(歴代1位)をはじめ、数々の大記録を打ち立てている。年間多数の公演をこなし、これまでに実施したコンサートの回数は7,000公演以上。劇場公演数は5,000公演以上を誇り、それらの観客動員数は延べ2,000万人以上である。海外でも多数の公演を行い、ラスベガス(ヒルトンホテル)、シドニー(オペラハウス)、ニューヨーク(リンカーンセンター)をはじめ、ホノルル、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、トロント、ブラジル、イスタンブール、アンカラ、ソウル、台北、高雄など世界各都市での実績を持つ。また、近年各方面からの評価が高まり芸術選奨文部科学大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2007年)、旭日小綬章(2018年)などを受章した。

関連URL

五木ひろし公式サイト

https://www.itsuki-hiroshi.co.jp/

樋口真嗣Twitter
https://twitter.com/shinji_higuchi/

樋口尚文Twitter
https://twitter.com/higuchism

西耕一Twitter
https://twitter.com/johakyu_

スリーシェルズ
https://www.3s-cd.net/

オーケストラ・トリプティーク
https://3s-ca.jimdo.com/

金属恵比須
https://yebis-jp.com/

株式会社イオ(小松左京が映画「さよならジュピター」制作のために設立した会社です)
http://www.iocorp.co.jp/

世田谷文学館
https://www.setabun.or.jp/

オーケストラ・トリプティーク http://3s-ca.jimdo.com/
オーケストラ・トリプティーク公式Twitter https://twitter.com/info_TRIPTYQUE
伊福部昭百年紀Facebook https://www.facebook.com/ifukube100
生誕90年・黛敏郎 https://www.facebook.com/mayuzumitoshiro/
生誕94年 芥川也寸志Facebook https://www.facebook.com/akutagawa1925
生誕94年 渡辺宙明Facebook https://www.facebook.com/chumeiwatanabe

■本件や所属・関連アーティストに関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社スリーシェルズ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-6-604
TEL:070-5464-5060
http://www.3s-cd.net/
メール jcacon@gmail.com
担当 西
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社スリーシェルズ(カブシキガイシャスリーシェルズ)
代表者
西 耕一(ニシ コウイチ)
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋5-7-6 スカイコート第2-604
TEL
070-5464-5060
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.3s-cd.net/
IR情報
https://www.3s-cd.net/about/
公式ブログ
http://3scd.blogspot.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.