2019年10月11日 13:00

株式会社KRIが案件進捗の見える化と機密保持体制の確立を両立、クラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社KRI(京都市下京区 代表取締役社長 田畑 健、以下KRI)にお伺いした、オロのクラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例インタビューを本日公開いたします。

世界でも数少ない民間の受託研究会社である同社は、クライアントから求められる厳格な機密保持を維持しながら、ZAC Enterpriseによる経営データの見える化を実現しています。

<インタビュートピックス>
・案件進捗をタイムリーに把握したかった理由とは?
・厳格な機密保持と経営データの一元管理をどのように実現したのか?

■ 案件のタイムリーな営業状況を見える化し、経営の安定に貢献
KRIではビジネスの特性上、営業進捗の管理こそが年度の売上・利益を予測するカギであり、経営の安定につながる要因でした。しかし以前は表計算ソフトでの案件管理だったため、月1回の状況把握が精一杯でした。ZAC Enterpriseの導入により、案件管理の標準化・一元化が実現。担当者がシステム上で受注確率を随時更新し、マネージャーがタイムリーな案件進捗はもちろん、月別・受注確率別の売上・利益予測をいつでも簡単に把握できる体制へと変わりました。

■ 個別の案件レベルで社員に開示する情報を制御できるのはZAC Enterpriseだけ
「研究開発の受託」を行う同社では、厳格な機密保持ができることもシステムの必須要件
に挙げていました。ZAC Enterpriseは社員一人ひとりに開示する情報を個別の案件ごとに
制御可能なため、各研究員が閲覧できる情報を厳密に制限しながら、経営陣やバックオフ
ィス部門は全社の経営データをタイムリーに収集できるようになりました。


KRIでは「案件進捗の見える化」「厳格な機密保持」の両立以外にも、ペーパーレス化に
よる年間5,000枚の書類削減や稟議時間の半減に成功しています。

2011年からのZAC Enterpriseの活用でどのように業務効率化を実現してきたのか。
詳細はKRI様のインタビューをご覧ください。


-------------------------------------------------------
【ZAC Enterpriseについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/news/news-1764.html
-------------------------------------------------------


<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ
担当:西村 TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

株式会社オロ
商号
株式会社オロ(オロ)
代表者
川田 篤(カワタ アツシ)
所在地
〒153-0063
東京都目黒区目黒3-9-1 目黒須田ビル
TEL
03-5724-7001
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.oro.com
IR情報
https://www.oro.com/ja/ir/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.