2019年10月28日 12:00

モニター会員の募集や抽出、声の収集をワンストップで メーカー向け「研究開発用モニター管理システム」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、メーカーの研究開発部門向けに「研究開発用モニター管理システム」を開発し、本日2019年10月28日より提供開始しました。本システムにより、研究開発用のモニター会員の登録管理はもちろん、定性調査に有効なコアユーザの声を効率的に収集でき、モニター運営に係る業務負荷を軽減します。なお、本システムはパイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を基盤に構築されています。

▼「研究開発用モニター管理システム」
URL:https://www.pi-pe.co.jp/solution/monitors-management/

■ 開発背景
 研究開発を行うメーカーでは、新商品開発のために対象のモニター会員を募り、モニター会員の意見を参考に商品開発に取り組んでいます。一方で、キャンペーンなどと連動したマーケティング調査のモニター募集では、インセンティブ目当てで応募するモニターもいるため、開発に必要な回答結果を得るのが難しい傾向にあります。モニター会員の申請を紙で受け付ける企業では、返信用封筒を同封して申請書を郵送するため、時間と郵送コストがかかり、書類不備などで再送となると負担も増大します。会員情報が一定数集まれば、対象者を絞り開発に必要な回答が得られる可能性は上がるものの、会員情報を紙やExcelで管理する企業では、対象者の抽出や電話での参加可否確認に手間がかかります。また、研究開発用のモニター実施では、会員の名前や住所といった基本情報のほか、肌質やアレルギーといった身体的特徴も調査し管理するため、個人情報の管理において厳重なセキュリティ対策を講じる必要があります。
 そこでパイプドビッツは、モニター会員の募集や対象者の抽出、コアユーザの声収集を高セキュリティなWeb環境で一元管理でき、モニター運営に係る業務負荷を軽減する「研究開発用モニター管理システム」を提供します。

■ 「研究開発用モニター管理システム」の導入メリット
(1)モニター会員登録をWebで受け付け、紙のコストを削減
 これまで紙の申請書で受け付けていたモニター会員登録をWebフォームから受け付けることで、申請書や返信用封筒の送付が不要となり、郵送コストを削減できます。紙でのやりとりがなくなるため、時間と手間をかけずにモニター会員を集められます。

(2)万全のセキュリティ環境でモニター会員の個人情報を安全に管理
 本システムに登録されるモニター会員の個人情報は、厳格なセキュリティが求められるメガバンクや金融庁、100以上の金融機関も採用している堅牢な「スパイラル(R)」で安全に管理されるため、システム面におけるセキュリティ対策を講じることなく安全にご利用いただけます。

(3)定性調査に有効なコアユーザの声を効率的に収集
 モニター会員情報は、「スパイラル(R)」でデータベース化されるため、メーカーの担当者は過去の参加履歴や属性データなどを条件に、モニター会員の検索や抽出が簡単に行えます。調査内容に合わせて対象ユーザを絞り込んだ後は、座談会の案内や調査回答フォームのURLを記載したメールを対象者に一斉配信することもできるため、効率的に意見収集やモニターを実施することができます。


(4)モニター会員専用サイトを活用してコミュニケーション強化
 本システムは、会員限定ページ作成機能を持つ「スパイラル(R)」を基盤として構築されているため、モニター会員専用サイトを作ることも可能です。会員専用ページでは、募集中モニターの一覧表示や問い合わせだけでなく、モニター個人の参加履歴や回答履歴の参照、謝礼の受け取りなども行えます。メーカーは、モニター会員とのコミュニケーション強化施策としても活用いただけます。

 パイプドビッツは、今後もメーカー業界における様々なシーンで業務効率を改善するソリューションを創出してまいります。

■ 「スパイラル(R)」とは
 「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、医療、不動産、教育機関など、約3,500社以上(2019年6月時点)の幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。
販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。なお、メーカー業界の利用社数は100社以上になります。
URL: https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

■ 株式会社パイプドビッツ 概要
[法人名]株式会社パイプドビッツ
[本部所在地]東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
[代表者]代表取締役社長CEO 林 哲也
[業務内容]情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
[Webサイト]https://www.pi-pe.co.jp/

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
販売促進部 重岡
TEL:03-5575-6601

■ 報道関係者様お問い合わせ先
パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com

※「スパイラル」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社パイプドビッツ
商号
株式会社パイプドビッツ(カブシキガイシャパイプドビッツ)
代表者
林 哲也(ハヤシ テツヤ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル(受付2F)
TEL
03-5575-6601
業種
通信・インターネット
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.pi-pe.co.jp/
IR情報
https://www.pipedohd.com/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.