2019年10月28日 14:00

実装面積50%削減し通信機器を過電流から保護する デュアルチャネルPPTC「TSM250-130シリーズ」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク (本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS) の日本法人であるLittelfuseジャパン合同会社(本社:東京都港区)は、250V電気通信PPTC「TSM250-130シリーズ」を、本年11月上旬に発売します。
「TSM250-130シリーズ」は、通信機器やネットワーク機器の信頼性向上を目的として設計され、国際電気通信連合(ITU)やTelcordia GR-1089、製品安全規格IEC 62368-1で規定されているパワークロスや電力サージから保護します。1つの表面実装用ハウジングに抵抗値のそろった2つのPPTCを組み込んでいるため、従来品と比べて基板面積を50%削減し、組立工程の容易化、チップとリングの卓越した抵抗バランスを実現しました。

同製品は、当社の国内販売代理店を通じて販売します。


■特長
● 1つのハウジングに2つの250V PPTCを組み込み、基板面積を50%削減。
● 抵抗値のそろったPPTCによりチップとリングの優れた抵抗バランスを実現。
● 業界規格に準拠した卓越した耐サージ特性。

■用途
顧客構内設備(CPE)、中央局(CO)機器、加入者線インターフェースカード(SLIC)、セットトップボックスのVoIPポート

■仕様
保持電流(A): 0.13
トリップ電流(A):0.26
最大定格電圧(V):60
最小抵抗(Ohms):4
最大抵抗(Ohms):9
最大抵抗(R1max)(Ohms):15
遮断電流(A):3
遮断電圧(Vrms):250
標準ワット損(W):1.5
最高動作温度(度):85

※詳細については、「TSM250-130シリーズ」(https://www.littelfuse.co.jp/products/resettable-ptcs/telecom/tsm250.aspx)の製品ページをご覧ください。





リテルヒューズ について
Littelfuse, Inc.(本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS)は、回路保護、電力制御およびセンサー技術におけるグローバルリーダーです。当社の製品は150か国以上において販売され、自動車や産業向けのアプリケーション、データ・電気通信、医療機器、コンシューマー向け電化製品などに採用されています。リテルヒューズは、世界各国の1万2,000のパートナーと提携し、より安全で環境に配慮した、いつでもどこでもつながる世界へ向けた、革新的で高品質なソリューションを設計、製造、提供します。詳細についてはリテルヒューズのウェブサイトlittelfuse.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
Littelfuseジャパン合同会社
担当:宗形
TEL:03-6435-0750、 FAX:03-3453-5505
E-mail:tmunakata@littelfuse.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Littelfuse, Inc.(リテルヒューズ・インク)
代表者
David Heinzmann(デビッド・ハインツマン)
所在地
〒-
Chicago, Illinois, United States8755 West Higgins Road 
TEL
+1-773-628-1000
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.littelfuse.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.