2019年11月13日 14:30

Kudan、次世代の車載SoCにおける人工知覚技術の応用事例を紹介 ~Synopsys主催のセミナーに、ゲストスピーカーとして登壇~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kudan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 智弘、以下Kudan)は、11月19日(火)に開催されるSynopsys主催の『ARC Processor Summit Japan Nov.2019』に、Kudanの執行役員がゲストスピーカーとして登壇することをお知らせいたします。

講演では、人工知覚(Artificial Perception)技術と次世代のSoCの技術特性がともに活かされるエッジ・クラウド・コンピューティング型の実装パターンについて、Kudanの技術紹介やこれまでの実装の課題を交えてご紹介いたします。

ぜひご聴講ください。

■イベント概要
<名称>    ARC Processor Summit Japan Nov.2019
<主催者>   Synopsys, Inc./日本シノプシス合同会社
<開催日時>  2019年11月19日(火)10時~
<開催場所>  東京コンファレンスセンター品川4F(東京都港区港南 1-9-36 アレア品川)
        ※JR品川駅港南口(東口)から 徒歩2分
<プログラム> 09:30~0    :受付開始
        10:00~16:30 :セミナー/講演
        (★Kudanの講演は、15時より開始。ブース出展もあり
        16:30~18:00 :カクテル・パーティー
<参加費用>  無料
<セミナーURL>https://www.synopsys.com/ja-jp/japan/events/arc-summit-jp-nov2019.html


【Kudan株式会社について】
Kudan(東証上場コード: 4425)は機械(コンピュータやロボット)の「眼」に相当する人工知覚(AP)のアルゴリズムを専門とするDeep Tech(ディープテック)の研究開発企業です。人工知覚(AP)は、機械の「脳」に相当する人工知能(AI)と対をなして相互補完するDeep Techとして、機械を自律的に機能する方向に進化させるものです。 現在、Kudanは高度な技術イノベーションによって幅広い産業にインパクトを与えるDeep Techに特化した独自のマイルストーンモデルに基づいた事業展開を推進しており、独自の人工知覚(AP)技術に加えて、人工知能(AI)や IoT(Internet of Things)との技術融合に向けたMachine Perception(機械知覚)Deep Perception(深層知覚)やNeural Perception Network(知覚ニューラルネットワーク)に関する研究開発を行っています。
詳細な情報は、https://www.kudan.io/?lang=jaより入手可能です。

■会社概要
会 社 名: Kudan株式会社
証券コード: 4425
代 表 者: 代表取締役 大野 智弘

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

Kudan株式会社
商号
Kudan株式会社(クダンカブシキガイシャ)
代表者
大野 智弘(オオノ トモヒロ)
所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-27-45 近代グループBLD.20 9階
TEL
03-6273-9760
業種
ソフトウエア
上場先
マザーズ

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.