2019年11月21日 16:00

北海道の詩人16人とゲスト詩人3人が日常の煌めきとその儚さを表現した札幌ポエムファクトリー詩集第3弾『詩の結晶は七角形』がポエムピース(みらいパブリッシング編集)より2019年11月25日刊行。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表:松崎義行)が編集をした書籍、札幌ポエムファクトリー詩集第3弾『詩の結晶は七角形』をポエムピース株式会社(所在地:東京都杉並区高円寺、代表:松崎義行)から2019年11月25日に刊行します。

札幌ポエムファクトリー 詩集第三弾
『詩の結晶は七角形』
16人の北国の詩人と3人のゲスト詩人が織りなす
静かで深くてほんのりあたたかい言葉たち 碧い炎を感じる作品群

ソフトカバー 160ページ
本体1300円+税 
ISBN:978-4-908827-60-0
書籍詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/4908827605


■内容紹介

札幌ポエムファクトリーの詩集第3弾。

思いの丈を静かに時に熱く綴り続ける詩人たちの詩の結晶、初公開。

詩の結晶は、詩、そのもの、ということができるかもしれない。
雪の結晶が雪であるように。

16人の北国の詩人と 3人のゲスト詩人が織りなす
静かで深くてほんのりあたたかい言葉たち
碧い炎を感じる作品群

田原(中国の詩人、翻訳家)、駱英(中国の有名経営者、詩人)御徒町凧(森山直太朗の楽曲共作者としてほぼ全作品の作詞を手がける詩人)という名のあるゲストが参加し、より厚みのある作品となりました。


■出版社からのコメント

瑞々しい言葉、熟成された言葉、自然を愛おしむ言葉、魂を削る言葉、家族を想い、愛する人を想い、書かずにいられなかった言葉の数々。北国の詩人たちが紡いだいくつもの結晶が、だれかの心の琴線にそっと触れますように。
これから詩を書いてみたい方にもぜひお読みいただきたい1冊です。


■著者について

札幌ポエムファクトリー:2カ月に一度、定期的に札幌で開催しているポエトリースクールの名前。
それぞれが毎回、自由に書いた詩を持ち寄り、朗読し、感想を言いあい、アドバイスを受け、さらにその詩を直して昇華させる。あるいは与えられたテーマで詩を書いてみる。
そうやって、より良い(表現が上手、という意味ではなく、より完成度の高い)作品を目指します。
産みの苦しみを味わいつつも「詩を書くこと」に慣れていき、自分の「書きたいこと」を表現する楽しさや喜びを、麻薬的に覚えていっているのです。


■ブックデザインについて

新鋭写真家、谷今日子による厳選の1枚を表紙に。『今日の光はいつかの光』2019/11/18 ポエムピース刊 より。


■書籍概要

ソフトカバー 160ページ
定価:本体 1300円+税
ISBN:978-4-908827-60-0
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4908827605


■会社概要:みらいパブリッシング

設立  :2014年5月
代表者 :代表取締役 松崎義行
所在地 :東京都杉並区高円寺南4-26-12 福丸ビル6階
事業内容:図書出版全般
URL:http://miraipub.jp
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

会社概要

商号
株式会社みらいパブリッシング(カブシキガイシャミライパブリッシング)
代表者
松﨑義行(マツザキヨシユキ)
所在地
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4丁目26番12号 福丸ビル6階
TEL
03-5913-8611
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
http://miraipub.jp/

株式会社みらいパブリッシングの最新プレスリリース

2020年01月22日 09:00
転がるりんごを追いかけて、次から次へと動物達が増えていく!言葉のリズムもおもしろい。「けんぶち絵本の里大賞」びばからす賞受賞『りんごりんごろりんごろりん』みらいパブリッシングより1月24日待望の復刊。
2020年01月21日 15:00
こころに響く日本の音、風鈴の音、雷の轟音、祭りのにぎわい。母と娘のひと夏の思い出が、情景が広がっていきます。みやじまみほこ(画)と谷郁雄(詩)のコンビで贈る『なつのおと みつけた』1月24日発売
2020年01月20日 09:00
絵本出版賞奨励賞受賞作品。色々な電車があるけど、みーんな1つのチームなんだ。古い型の電車も登場するよ。仲間を思うことの大切さをユーモラスに描き上げた『やまのてせんのやまちゃんのたび』1月24日刊行。
2020年01月20日 09:00
深い悲しみや苦しみを知っているからこそ感謝の気持ちがあふれてくる、著者のありのままの心と思いを伝えるエッセイ『瑠璃色の鉄格子』ポエムピース(みらいパブリッシング編集)より2020年1月24日刊行
2020年01月14日 09:00
あれ~「おに」がいる。回転ずしに並べられたお皿にいたたくさんの「おに」。僕には見えるけど、お父さん、お母さんは気づかない……。絵本作家くさなりが挑んだ新境地は『おすしときどきおに』1月21日刊行。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.