2019年11月25日 17:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、東南アジアの乳製品市場について調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東南アジア4カ国の乳製品市場(円換算)は、2018年度で前年比3.1%増の9,799億5,000万円となった。市場拡大の要因としては、“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”が挙げられる。さらに近年では、主要各社の事業強化と新規参入の動きも活発化している。当資料では、東南アジア4カ国における乳製品市場をカテゴリー別、メーカー別で調査するとともに、参入企業や商品トレンド、今後などから多角的に分析している。

概要
◆東南アジア4カ国の乳製品市場(円換算)は、2018年度で前年比3.1%増の9,799億5,000万円となっている。国別でみると、ベトナムが9%台のプラス推移で最も伸長率が高い。同国では、機能性成分を豊富に含有した商品の需要拡大やフレーバーやサイズ・容器の多様化など、ラインアップの拡充も進んでいる。次いで、タイでは前年比6.9%増となった。同国では、主に牛乳類やヨーグルトが牽引役となって順調な推移を示した。

◆乳製品市場全体の拡大の背景としては、“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”が主な要因として挙げられる。“健康意識の高まり”については、東南アジア諸国で生活習慣病患者の増加や医療費の向上、政府の啓もう活動などにより、国民間でセルフメディケーションの概念が浸透。そのため、健康機能を有するヨーグルト・乳酸菌飲料や健康機能を付加した乳製品の需要が拡大している。

◆また、“食生活の多様化”について、東南アジア地域では近年、ファストフードや日本食レストランといった外資系・日系外食チェーンの参入が活発化。各チェーンが展開するチーズやバターを使用したメニューが各国において日常的に食べられるようになり、チーズやバターそのものについてもニーズが高まっている。

◆そのほか、東南アジア地域で事業を展開するメーカーでは近年、事業強化を図る動きが目立っている。具体的には新商品の上市や生産能力の強化により、需要の取り込みを図るケースが多くみられる。一例として、ヤクルト本社は2018年にタイで「Yakult Light」を上市。また、Nestleでは、2019年にインドネシアにおいて3工場の拡張を実施し、ブランド力の強化を進めている。

◆そのほか、新規参入の動きもみられる。日系企業の六甲バターは、新チーズブランド「Emina」によりマレーシアへ進出。また、Coca-Colaは「Nutriboost」ブランドより液状乳の販売を開始し、ベトナム市場への参入を果たしている。

◆当資料では、今後も成長が見込まれる東南アジア4カ国における乳製品市場をカテゴリー別、メーカー別で調査・分析。さらに、参入企業や商品トレンド、今後の市場性などから多角的に実査・分析を行い、東南アジア地域への進出の一助となるレポートとしている。

TPC市場調査レポート
「2020年 東南アジアの乳製品市場」
―“健康意識の高まり”や“食生活の多様化”により拡大する東南アジア市場―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120200486
資料体裁:A4判141頁
発刊日:2019年11月25日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.