2019年11月27日 15:00

ジンコソーラー :第3四半期は重要な収益の転換点になると期待される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月25日、太陽光発電業界初RE100に加盟した太陽光発電企業ジンコソーラーは、浙江海寧で開催された2019年投資者大会に参加した。国内外からの投資者代表、業界の有名な投資機関、及び業界の有名なアナリストなど百人以上が出席した。

ジンコソーラー CEOの陳康平氏は会議で、「全世界は気候変化に対する敏感度とクリーンエネルギーに対する需要がかつてないレベルに達しており、新エネルギーの未来に演じられる役割はすでにはっきりと見えており、太陽光発電は将来のクリーンエネルギーの第一選択の一つに違いない。」と述べた。現在、グローバル化の製造と市場配置、サプライチェーン管理の規模化、製品戦略のリード、サービスとブランドの認可度などの面での優位性により、ジンコソーラーは4年連続で世界最大の出荷量を誇る太陽光発電企業となった。

近日、同社は発表した財務決算によると、第3四半期の太陽電池モジュールの出荷量は3326MW、粗利率は21.3%であり、営業利益は6.388億元で、前期に比べて145.4%増、前年同期に比べて237.1%伸びた。同社に対して、第3四半期は重要な転換点で、第四半期と来年の全体の収益水準は持続的に向上する。もっと大切なのは、2019年末と2020年末に、ジンコソーラーは単結晶ウエハの生産能力は11.5GWと18.0GWを実現し、PERC電池セル(N型を含め)の生産能力を10.6GW、自社生産の太陽電池モジュールの生産能力が16.0~22.0GWに達する予定。

高効率製品の需要が活発で、長期的な業績成長を牽引する

グリッドパリッティ、太陽光発電とエネルギー貯蔵を組み合わせる新しいビジネスモデルの推進の下で、2020年のグローバル太陽光発電市場20%成長すると予想されている。その背景には、ジンコソーラーは35%の高成長を続け、2020年には太陽電池モジュールの出荷量が18-20GWに達すると見込まれる。2020年のオーダーは見通しが高く、2019年の年末までに40%を超え、さらに50%に近い上質注文がロックされる見通す。世界市場の持続的な景気を背景にして、また手持ちの注文が十分で、価格は理想的で、納品能力の高い弾力性があり、会社の収益力は著しく増加する見込まれている。

強く運営実力、将来の技術交付を効果的に実行する

単結晶と多結晶の切り替えることや楽山のプロジェクトから、ジンコソーラーの独特の実行力が見られる。業界の技術と市場の動向を早期に察知し、最も効果的かつ最も融通性がある環境の中で異なる段階の戦略計画を実行し、結果を導きの上に実行し、納品するまでに業界トップの技術資格と良質の生産量を保証する。モジュール出荷の製品構成から言えば、2020年の高効率単結晶製品の出荷比は100%近くになる。これはジンコソーラーが効率的な単結晶一体化産業チェーンの完全な転換を完了したことを示している。このうち、Swan、Tiger、およびN型をはじめとする新製品は、2020年の出荷比が40%を超える。楽山第一期が全面的にスタートし、楽山第二期が生産開始される、大体に25 GWの高効率単結晶産業園の雛形が見られる。

強化された一体化能力は新製品の発売を加速させる

ジンコソーラーが絶えず強化している一体化能力はコスト構造の最適化に加えて、更新した革新製品を快速に量産を実現させ、品質、コスト、時間において製品の競争力を保証する。将来、会社の製品の差異化の機会は以前のいつよりも大きいである。高エネルギー密度の製品、透明なバックシートの両面モジュールにしても、TRと9本バスバーのTigerモジュールにしても、ジンコソーラー は絶えずにその全世界の取引先のためにもっと良い製品と解決案を組み合わせて、肝心な需要を満たして、効率、電力、性能、減衰、信頼性それともその他の属性を含んている。業界の最も全面的な技術の組み合わせを通して、一体化の生産と納品能力を補佐して、大規模、高性能のモジュール規模の優位性などを通じて、会社にもっと良く市場の機会を捉えることができる。

グローバル化の能力が顕著になり、グローバル生産能力の優位性がますます明らかになった

世界的に4 GWの海外(電池)技術と生産能力の配置を持ち、トップの執行と供給を提供し、高利益市場の高シェアを実現する。常に市場志向の生産モデルを持っており、長年にわたって蓄積された国際化生産と運営経験はジンコソーラーの現地化アフターサービス、サプライチェーン管理及び差別化の製品戦略をリードしている。

陳康平氏は「将来、ジンコソーラーは引き続きお客様のサービスを核心とし、製品力と革新力を動力とし、業界の発展を引き続きリードし、投資者に大きな見返りをもたらします。」と述べた。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年9月30日時点で、太陽電池モジュールの総出荷量は3326MWで、総売上高は74.8億元(10億5千万ドルに相当)で、粗利率は21.3%であり、2019年第2四半期の粗利率は16.5%で、2018年第3四半期の粗利率は14.9%であった。営業利益は6.388億元で、前月比145.4%増、前年同期比237.1%伸びた。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.