2019年12月11日 17:00

環境保護の理念+高効率の太陽光パネル ジンコソーラーは2020年グリーン・オリンピックを支持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月5日、ジンコソーラーは中国深圳で開催された中国太陽電池業界年度大会を出席した。大会では、ジンコソーラーは「太陽電池モジュールの効率化の傾向は世界のグリッドパリティを加速します。現在は中国各地の資源が違っていますので、一部の地域だけでグリッドパリティを実現しましたが、努力を経って、2020年には全国のグリッドパリティを実現できるようになります。」と指摘した。

全世界の範囲から見て、70%ぐらいの国家と地区、太陽光発電のコストはすでに現地の伝統のエネルギーの発電より低くて、日本でも太陽光発電が安全・安心な長期安定電源として、主力電源化に向けた取り組んでいる。そして、日本では2020年東京オリンピックをきっかけとして、「持続可能な開発目標(SDGs)」への参加を人々に呼びかけて、グリーンエネルギーの発展を推進している。

世界経済フォーラムの報告により、「東京は東京2020大会を利用して、持続可能な社会をめざす地域モデルになるよう努力しており、経済成長と環境保護の取り組みを推進し、生活の質を改善する。」ということが分かった。オリンピック期間中に再生可能エネルギーが大量導入され、競技場と選手村には風力エネルギーと太陽エネルギーが採用された。それ以外、日本企業も再生可能エネルギーの注意喚起にも積極的に取り組んでいる。2019年5月現在、ソニー、大和ハウス、積水ハウスなどの19社がRE 100(Renewable Energy 100%)に加盟し、2040年までに100%再生可能エネルギーの使用を目標としている。

気候組織(The Climate Group)によって主催された「RE100」イニシアティブは、政府と非常に実力のある企業ネットワークと緊密に協力し、革新案の大規模な応用を実現することを旨としている。「RE100」に加盟した会社は、全世界の運営において再生可能エネルギーを100%使用することを承諾した。現在「RE100」のメンバー企業は120名を超え、日本は世界で「RE 100」のメンバー企業が一番多い国である。

世界最大の太陽光発電パネルメーカーとするジンコソーラーは、今年9月に、世界初の「RE 100」に加盟する太陽光エネルギー企業になった。承諾の一部として、2025年までに、ジンコソーラーのすべての工場と全世界の運営は100%再生可能エネルギーを使用する。2030年までに、エネルギー管理システムは会社のすべての運営環節に配備され、エネルギー効率は2016年より30%向上させることがある。そのほかに、製品においても、ジンコソーラーは製品の開発と製品ラインアップのために、努力し続けている。新発表のTigerシリーズ製品は、高出力と高エネルギー密度の特徴を兼ね備える。TR・ハーフカット・バスバー(bus bar)三つの技術を初めて採用し、高出力は460Wで、効率は20.78%に達するだけでなく、初期システムへの投資、モジュールの発電量、輸送量などの多方面から発電所のLCOEを低減させる。それによって、パートナーは環境保全に取り組むとともに、より高い収益を獲得できる。ジンコソーラーは更に自身の製品の品質と効率を高めて、全世界のもっと広い取引先のために清潔なエネルギーを提供する。

ジンコソーラーCEOの陳康平氏は「2020年東京オリンピックは今までの史上最もグリーンのオリンピックです。ジンコソーラーも今回のオリンピックにグリーンの力を貢献することを期待しています。弊社もサプライヤーが再生可能な電力を採用し、グリーン運営をサポートすることを支持しています。再生可能エネルギー業界のトップ企業の一つとして、ジンコソーラーは模範的な役割を担うことが大切です。」と述べた。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年9月30日時点で、太陽電池モジュールの総出荷量は3326MWで、総売上高は74.8億元(10億5千万ドルに相当)で、粗利率は21.3%であり、2019年第2四半期の粗利率は16.5%で、2018年第3四半期の粗利率は14.9%であった。営業利益は6.388億元で、前月比145.4%増、前年同期比237.1%伸びた。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.