2019年12月16日 13:00

HoloLens2でMR業務アプリ12月12日から開発スタート ホロレンズ2がベトナムホーチミンONETECHに初上陸 ホロレンズ1との違いの検証しHoloLens2でMRアプリ開発開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベトナムオフショア開発(AR/MR/VR)を行う株式会社One Technology Japan(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:河本直己)とONE TECH ASIA JOINT STOCK(本社:ベトナム、ホーチミン市、代表取締役社長:グエン・ラム・タオ)は、Microsoft Hololens2でMRアプリ開発を12月12日からベトナムのホーチミンで開始しました。

HoloLens 2はMixed Reality(MR)ソフトウェアの利用を目的として、Microsoft社が開発しているデバイスです。業務をサポートするアプリが多くあり、工業・建設・建築・組み立て加工産業のビジネスシーンで活用を想定しています。

CPUはSnapdragon850であり、動きを検知するためにジャイロスコープや磁気センサーなどが搭載。
バッテリーは2時間から3時間程度まで持ち、Type-C型のUSBで充電できます。

HoloLens2が初代HoloLensから進化したポイントの1つとして、解像度と視野角が倍増した点があります。HoloLensの解像度がHDであるのに対して、HoloLens2は2Kの解像度を採用。
また、HoloLens2には1度につき47ピクセルの視野角があり、初代機よりもキレイな映像を体験できます。軽量化により装着感が改善されていて、デバイスの使いやすさが向上しているのも特徴です。視線カーソルがなくなって、代わりにeye-tracking機能が搭載されます。今回はhand-tracking機能もできて体験で操作しやすい感じでした。

他にも初代HoloLensがIntelの32ビットCPUを搭載しているのに対して、HoloLens2ではSnapdragon850を採用している違いもあります。

スペックや解像度、使いやすさの面でHoloLens2は初代機に比べてかなり進化しているのです。

MRソフトウェアを快適に利用するために、初代機から大幅に進化したデバイスがHoloLens2です。HoloLens2を導入することでビジネスのサポートや業務効率の改善に役立ちます。

当社にもすでにHoloLens2の産業用アプリ開発の相談が増え始めてきました。AI画像認識やIotデバイスとの組み合わせライブストリーミングやチャットでの遠隔支援、音声入力、位置情報との連携などさまざまな融合でMR技術の進化が始まります。今まではマニュアルを表示する程度でしたが産業用業務サポート向けアプリとしての実用化がはじまることを期待しています。

HoloLens2のご紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=YnWkZ85CiO4&feature=youtu.be
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社One Technology Japan(カブシキガイシャワンテクノロジージャパン)
代表者
河本直己(カワモトナオキ)
所在地
〒213-0032
神奈川県川崎市高津区久地1-11-7-3 
TEL
080-3356-0796
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://onetech.jp
公式ブログ
https://onetech.jp/blog/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.