2019年12月19日 14:00

New release: English report forecasting Japanese PV market (英文版の太陽光発電市場予測レポートを発刊しました)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Japanese text follows English.

RTS Corporation (Head Office: Tokyo, Japan, CEO: Osamu IKKI) is a Japanese consultancy exclusively engaged in photovoltaic (PV) power generation. RTS has released the English version of “Forecasting PV Installed Capacity in Japan toward FY 2030/2050 (2019 - 2020 Edition)” on Monday, December 9, 2019.

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年12月9日(月)に「日本市場における2030/2050年に向けた太陽光発電導入量予測(2019~20年版)の英文版を発刊しました。

In this report, RTS made forecasts on the PV installed capacity in Japan toward FY 2030 and FY 2050 based on the “Fifth Strategic Energy Plan” that positions renewable energy as a mainstream power source, as well as the global trends of PV power generation. RTS forecasted the annual and cumulative PV installed capacities taking into account of the social backgrounds and cost reduction of PV system to the international level toward FY 2030. In addition, a specific path for “150 GW PV installed capacity in Japan by 2030” that RTS has been proposing was shown. Moreover, consideration was given so that the forecasts work as a key to future business planning by presenting an image of PV installation towards FY 2050.
This report also reflects zero Yen installation business models based on the “third party ownership model” that the industry is working on as post-FIT measures, sales of storage battery systems as a part of post-FIT measures represented by the “Year 2019 issue”, etc. and includes post-FIT market forecast and residential/ industrial market forecasts.

再生可能エネルギーを主力電源として位置付けた「第5次エネルギー基本計画」および太陽光発電の世界潮流を踏まえて、2030年度および2050年度までの日本の太陽光発電システム市場における導入量を予測しました。2030年度までの社会的背景やシステムの国際価格並みのコストダウン等を考慮した年間および累積導入量の予測を行うと共に、弊社が従来提唱してきた「2030年度・150GW導入」への具体的な道筋を示しました。さらに、2050年度までの導入の絵姿も提示し、将来に向けた計画策定のヒントになるよう配慮しました。
ポストFIT対応として産業界が取り組む「第三者所有モデル」を軸としたゼロ円設置ビジネスモデルや、「2019年問題」に象徴される卒FIT対応の一環としての蓄電システム販売なども反映し、ポストFIT市場予測や住宅用/産業用蓄電システム市場予測も盛り込みました。

The analysis of the forecasts of PV installed capacity was made under two cases, “BAU scenario” in which policies and deregulation will progress as an extension of the present, and the “accelerated installation and technology development scenario (accelerated scenario)” in which ambitious policies will be set out and development of PV and balance of system (BOS) technologies will be accelerated. As a result, the market is estimated to reach 8 GW annually and 133 GW cumulatively by FY 2030 (DC based, same applies hereinafter) under the “BAU scenario”, and 12 GW annually and 158 GW cumulatively under the “accelerated scenario”. Analysis considering the removal (reuse, recycle, disposal, etc.) of PV systems was also made.

導入量予測は、政策や規制緩和が現在の延長線上で進んだ場合の「現状成長ケース」、および意欲的な政策が打ち出され、太陽光発電および周辺技術の開発が加速化される場合の「導入・技術開発加速ケース」に分けて分析を行いました。その結果、「現状成長ケース」では2030年度は年間8GW市場、累積導入量133GW(DCベース、以下同様)、「導入・技術開発加速ケース」では年間12GW市場、累積導入量158GWに到達すると試算されました。2050年度に向けては、太陽光発電システムの除却(リユース、リサイクル、廃棄など)量を考慮した分析も行っています。




For the forecasts of the installed capacity by capacity range under the “BAU scenario” and “accelerated scenario,” the expansion of the self-consumption market and the market in which supply and demand are integrated (supply/ demand integrated market) following the termination of the FIT program plays an important role. In the first half of 2020s, the market will be driven by the self-consumption market and the supply/ demand integrated market through new business models such as zero Yen installation, etc. while PV systems utilizing the FIT program and tender scheme will hold the market share.
As for commercial PV systems, transition from ground-mounted to rooftop installations will occur. Furthermore, in the 2030s, the “new application market” that will cultivate the world of entirely new application will grow, and may grow further to the market with annual capacity of 12 to 22 GW in FY 2050.
Besides, the trend of installed capacity “by application”, and trend of installed capacity “by service area of electric company” which indicates regional distribution, are also shown with detailed data.

「現状成長ケース」および「導入・技術開発加速ケース」の設備容量帯別の導入量推移では、ポストFITに伴う自家消費型・需給一体型市場の拡大が重要になります。2020年代前半は、FIT制度や入札制度を活用した太陽光発電システムが市場シェアを持つ一方で、住宅用を含む自家消費型・需給一体型市場がゼロ円設置などの新しいビジネスモデルを通じて、市場を牽引していきます。
産業用太陽光発電システムは、地上設置型からルーフトップ市場への交代が起こり、さらに2030年代にはこれまでにない新しい利用の世界を拓く「新分野市場」が成長、2050年度時点では年間12~22GW程度の市場へと再成長する可能性があります。
このほか、利用先をベースにした「用途別」の導入量推移、地域的な分布を示す「電力会社管内別」の導入量推移も詳細データとともに示しています。

On the premise of forecasting installed capacity, the top runner prices of residential and industrial PV systems will continue to drop greatly reflecting the international price level. The PV system price is 152 to 252 Yen/W as of today but is estimated to reduce to 89 to 108 Yen/W by FY 2030 under the “accelerated scenario”. The estimated levelized cost of electricity (LCOE) is already 11.8 to 14.6 Yen/kWh as of today, which is cheaper than the grid electricity. Furthermore, the price is estimated to decrease to almost the level of avoidable cost, 5.3 to 5.7 Yen/kWh by FY 2030.

導入量予測の前提として、トップランナー級の住宅用/産業用太陽光発電システム価格が国際価格を反映し引き続き大きく下落していきます。「導入・技術開発加速ケース」における太陽光発電システム価格は、現状で152~252円/Wほどですが、2030年までに89~108円/Wまで低減すると予測しています。発電コスト(LCOE)試算では現状で既に11.8~14.6円/kWhとなり、系統の電気代よりも安い水準に達しています。さらに、2030年には5.3~5.7円/kWhの回避可能原価付近まで下がることが予想されます。


The price and installed capacity of “storage system”, an essential partner of the PV system that takes an important role of distributed power source, were forecasted for the first time in this report. The installed capacity of residential storage system (stationary storage battery and V2H (Vehicle to Home) system, etc.) will expand driven by the post-FIT demand, etc. and may grow to maximum 3,900 MWh/year by FY 2030. Meanwhile, the installed capacity of industrial storage system will expand, led by the growth of supply/ demand integrated market, etc. and may grow to maximum 4,000 MWh/year by FY 2030.

分散型電源の筆頭を担う太陽光発電システムにとって欠かせないパートナーである「蓄電システム」について、今回初めて価格・導入量を予測しました。卒FITなどをきっかけに、住宅用蓄電システム(定置用蓄電池やV2H(Vehicle to Home)システムなど)導入量が拡大し、2030年度には最大で3,900MWh/年に成長する可能性があります。一方、需給一体型市場成長などを受けて産業用蓄電システム導入量も拡大、2030年度には最大で4,000MWh/年に成長する可能性があります。

For details of this report, please check our website https://www.rts-pv.com/en/report/

【Summary of the report】
“Forecasting PV Installed Capacity in Japan toward FY 2030/2050” (2019 - 2020 Edition) (English version)
- Publisher: RTS Corporation
- Date of publication: December 9, 2019
- Total number of pages: 295 pages
- Prices:
Special offers for subscribers of “PV Activities in Japan and Global PV Highlights” and clients of RTS consulting service:
(1) Report (printed copy and PDF copy): 92,500 Yen
(2) Report (printed copy and PDF copy) + presentation: 145,000 Yen

For other customers:
(3) Report (printed copy and PDF copy): 150,000 Yen
(4) Report (printed copy and PDF copy) + presentation: 200,000Yen

Note: This report is for your company’s internal use only. Travel expenses required for presentation will be invoiced separately. For customers located/ operating in Japan, Japanese consumption tax will be added to the above mentioned prices.

To order, please check our website http://www.rts-pv.com/en/report

本レポートに関する詳細は弊社ウェブサイトhttp://www.rts-pv.com/report/にてご覧頂けます。

【本書の概要】
日本市場における2030/2050年に向けた太陽光発電導入量予測(2019~20年版)(英語版)
・発行:(株)資源総合システム
・発行日:2019年12月9日
・ページ数:295 ページ
・価格:
「太陽光発電情報」会員企業:
・資料購入(A4版・PDF付き/貴社社内限定) 92,500円
・資料購入+プレゼンテーション(旅費交通費別途)つき 145,000円

一般企業:
・資料購入(A4版・PDF付き/貴社社内限定) 150,000円
・資料購入+プレゼンテーション(旅費交通費別途)つき 200,000円

*1:弊社の月刊レポート「太陽光発電情報」、「PV発電事業最前線」、「“PV Activities in Japan and Global PV Highlights”」をご購読の会員企業様には特別価格にて販売させていただきます。

申し込み方法につきましては弊社ウェブサイトhttp://www.rts-pv.com/report/をご確認ください。

【About RTS Corporation】

RTS Corporation is the only Japanese think tank/consultancy exclusively engaged in the field of photovoltaic (PV) power generation. Based upon more than 35 years of our experiences and accumulated knowledge in PV, we have been providing information and supporting our customers to commercialize their business plans and enhance their PV businesses. We also publish various reports, etc. on PV markets home and abroad. In order to transform PV from one of the alternatives to fossil fuel to one of the mainstream energy sources, we are committed to achieving a full-fledged dissemination of PV power generation and further growth of the PV industry. We, all the RTS members, are united and devote ourselves to continuously providing valuable consulting services to our customers.

【Contact Information】
RTS Corporation
Kyoko Miyazaki
Tel: +81-3-3551-6345
e-mail: info@rts-pv.com
URL: http://www.rts-pv.com/en
Address: Qus Hatchobori Daiichi Bldg. 4F, 3-19-2, Hatchobori, Chuo-ku, Tokyo 104-0032, Japan

【株式会社 資源総合システムについて】
株式会社資源総合システムは、日本国内唯一の太陽光発電専門シンクタンク・コンサルティング企業として、35年以上にわたって培ってきた太陽光発電に関する経験と知見をもとに、関連情報の発信と、お客様の太陽光発電事業化支援及び事業の強化・支援を行っており、国内外に対して太陽光発電に関する各種レポート等も発刊しております。「太陽光発電」を石油代替エネルギーから基幹エネルギーの一つに発展させるために、その本格普及の実現と太陽光発電産業の更なる成長に貢献しております。そして、お客様のビジネスに価値ある各種サービスを提供し続けるため、今後も全社一丸となって取り組んで参ります。

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社資源総合システム(担当:宮崎)
Tel:03-3551-6345
e-mail:info@rts-pv.com
URL:http://www.rts-pv.com/
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-19-2 キューアス八丁堀 第一ビル4階
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社資源総合システム(カブシキガイシャシゲンソウゴウシステム)
代表者
一木 修(イッキ オサム)
所在地
〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-19-2 キューアス八丁堀 第一ビル4階
TEL
03-3551-6345
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.rts-pv.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.