2019年12月23日 13:00

岐阜市博物館にて、企画展「ちょっと昔の道具たち」を開催!毎年好評をいただき、今年度で24回目!昔の世界にタイムスリップしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜市歴史博物館 令和元年度 企画展
「ちょっと昔の道具たち」


150~40年くらい前の「ちょっと昔」について、
子どもの生活に密着した「道具のうつりかわり」
「まちかど」「家のなか」の3コーナーを設定し、
昔の道具を一堂に集めて展示します。
道具が使われていた場面を映画のセットのように
再現したり、実際に使ったりすることで、
その時代の雰囲気や、人々の願いがリアルに伝わってくるでしょう。
【展覧会の特徴】

(1)展示方法
 ケース内展示のほか、多数の資料を実際に手に取れるようにケース外に出すとともに、
当時の生活を再現したようなジオラマ風の展示を多く取り入れています。
そのため、見て、触れて見学することができ、子どもはもちろん大人も楽しめます!
<展示コーナーと主な展示品>
「道具のうつりかわり」(江戸時代末~昭和50年代)
          ・・・食事の道具(箱膳・ちゃぶ台)、
             学校の道具(教科書・ノート・カバン等)など
「まちかど」(昭和30~40年代)
          ・・・電気屋さん(白黒テレビ・電気炊飯器)、
             駄菓子屋さん(かき氷削り器・一銭洋食)など
「家のなか」(昭和初期)
          ・・・洗濯板、井戸手押しポンプ、簡易カマドなど

(2)体験コーナー
 昔の道具を実際に使えるコーナーを常時設置しています。
<体験コーナーメニュー>
 ・洗濯機ローラーで脱水してみよう
 ・足踏みミシンを動かしてみよう
 ・石臼で豆を挽いてみよう   など

(3)ボランティア「ものしり博士」
 展示品の使い方や昔の人の暮らしなどについて解説する「ものしり博士」が
展示室内で常時活躍しています。
 モノを通して来館された方々と触れ合い、温かな人の和と、世代を超えた交流を生み出します。


そのほか、関連イベントも多数開催されています!
詳細は別添チラシもしくは岐阜市歴史博物館ホームページをご覧ください。


期間:令和元年12月17日(火)~令和2年3月15日(日)
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
   ※大河ドラマ館開場イベントに伴い、開館時間変更の場合あり

場所:岐阜市歴史博物館 1階特別展示室・ラウンジ
   (岐阜市大宮町2-18-1 岐阜公園内)

観覧料:高校生以上310円(250円) 小中学生150円(90円)
 ※( )内は20人以上の団体料金
 ※下記の方は無料になりますので(1)(2)の方は証明できるものをご提示ください
 (1)岐阜市内在住の70歳以上の方
 (2)身体障害者手帳・精神障害者保険福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその介護者1人
 (3)岐阜市内の小学生
 (4)家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方と同伴する家族(高校生以上)

休館日:12月23日(月)、28日(土)~1月3日(金)、6日(月)


■主催・問
 岐阜市歴史博物館 TEL 058-265-0010
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

会社概要

商号
岐阜市役所(ギフシヤクショ)
代表者
岐阜市長 柴橋正直(ギフシチョウ シバハシマサナオ)
所在地
〒500-8701
岐阜県岐阜市今沢町18 
TEL
058-265-4141
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.