2020年01月10日 13:00

【amsプレスリリース】ams、ルーズフィットの完全ワイヤレスイヤホンにおいて未来の選択的ノイズキャンセリングを実現へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●デジタル拡張聴覚コンパニオンチップams AS3460により、ルーズフィット型と密閉型のイヤホンで世界最高のノイズキャンセレーション性能を実現
●自動インイヤ検出など新たな光学センサ機能に対応したAS3460ベースのマルチセンサイノベーションキット
●個人の健康管理、睡眠の改善、耳鳴りなど聴覚障害の症状軽減のためのワイヤレスイヤホンの活用を予測
高性能センサソリューションをグローバルに提供する大手サプライヤーのamsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:岩本桂一)はコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES、米国ネバダ州ラスベガス、2020年1月7日~10日)で本日、新たなイヤホンイノベーションのデモキットを使用したパーソナルオーディオの未来を提案する展示を行います。

すぐに利用可能なレファレンスデザインでは、ルーズフィットの完全ワイヤレスイヤホンが選択的ノイズキャンセレーションを実現しています。また、自動省エネのための近接検知やユーザビリティーの改善といった機能にも対応しています。レファレンスデザインの中核をなすデジタルオーディオプロセッサAS3460に搭載されたams独自の適応型音漏れ補正技術は、周波数範囲とノイズ減衰のレベルをダイナミックに調整し、イヤホンのシリコンヘッドを避けて直接耳に入るノイズをキャンセリングします。

これにより、長時間の使用にはより快適なルーズフィットのイヤホンを好むユーザーも、耳にぴったりと塞ぐことで周囲音を物理的に遮断する密閉型イヤホンと同等のノイズキャンセレーション性能を得ることができます。

AS3460のベースとなるデジタル拡張聴覚エンジンは、個人の健康管理、選択的ノイズキャンセリング、耳鳴り症状への対処など、デジタル消費者の生活におけるイヤホンの重要性を高める新機能のプラットフォームも提供します。

この新しいイノベーションキットは、CESのamsブース(ベネチアン・タワー30階、Suite 236)にて展示します。

amsのイヤソリューション担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるクリス・フェージュ(Chris Feige)は、次のように述べています。「消費者の行動を分析した結果、完全ワイヤレスイヤホンのユーザーは、より装着が快適なルーズフィットを好むことがわかっています。密閉型イヤホンはユーザーの快適性を犠牲にすることでパッシブなノイズ減衰を得て、ルーズフィットイヤホンで用いられる従来型のノイズキャンセレーションシステムの欠点を補っています。これは妥協した設計です。AS3460の適応型音漏れ補正技術を使用することでamsは外部からのノイズの問題を解決し、快適なルーズフィットの形状で密閉型ノイズキャンセレーション性能を独自に提供します」

ams、成長を続けるワイヤレス型ノイズキャンセレーションイヤホン市場を開拓
イヤホンのノイズキャンセレーションの先駆者であるamsは、2019年にAS3460デジタル聴覚拡張コンパニオンチップを発表し、ルーズフィットワイヤレスイヤホンでは初めての高性能ノイズキャンセレーションを実現しました。

完全にワイヤレスなリスニング体験を求めて、消費者の間で完全ワイヤレスイヤホンの利用が増加しています。アナリストは2023年までにこの分野において年間39%の成長率を予測しています。ワイヤレスイヤホン製品の出荷数は、2022年までにその他すべてのイヤフォンやヘッドフォンを合わせた数を超えると見られます。

AS3460はルーズフィット型ワイヤレスイヤホンにおいて、広範囲の可聴周波数で最大40dBのノイズ減衰を実現する初のオーディオチップであり、ほぼすべての環境で静かな音響的背景を提供します。これによりユーザーは通話や音楽鑑賞を小さな音量でも楽しむことができ、長期的な聴覚障害が低減されます。

このイヤホンイノベーションデモキットでは、AS3460の自動プリセット選択技術も提供します。これは車内、航空機のキャビン、混雑した室内など様々な周囲音環境を検出し、ユーザーが何もしなくとも自動的にノイズフィルターを最適化します。ユーザーが別の場所へ移動しても、安全性や快適性を損なうことはありません。

イヤホンイノベーションのプラットフォーム
amsのデジタル拡張聴覚エンジンは、以下に挙げられる特殊なオーディオ機能にも対応しています。

● 耳鳴りの対処:患者の症状に合わせた特定周波数のキャンセリング
● スピーチ改善:通常の聴力が損なわれた場合に、ユーザーの会話聞き取り能力の改善
● 選択的ノイズキャンセレーション:道路を横切る際に救急車が近づく音などの重要な外部音を自動的に透過

イヤホンイノベーションデモキットでは、AS3460がTMD2635ナノ近接光学センサモジュールと組み合わされており、自動でインイヤ検出を行います。これによりイヤホンを使用していない状態では消費電力が節約されます。またナノ近接センサは、例えば手を振りかざして音量を上下させるなど、イヤホンのジェスチャー操作を可能にします。

将来的には、イヤホンに組み込まれた光学センサにより心拍数、血圧、迷走神経の状態など必須の身体的兆候の監視も可能になります。

イヤホンイノベーションデモキットは、イヤホンに合わせた小型で提供されます。購入に関しては当社代理店までお問い合わせください。

AS3460デジタル拡張聴覚コンパニオンチップは、今すぐ量産注文に応じられます。サンプルをご希望の場合や詳細な技術情報については、https://ams.com/as3460 をご覧ください。

amsについて
amsは先進的なセンサソリューションの設計と製造におけるグローバルリーダーです。当社のミッションは、人とテクノロジーの間にシームレスなインターフェースを提供することで、センサソリューションで世界を牽引することです。amsの高性能センサソリューションは、小型フォームファクタ、低消費電力、最高感度、そして複数センサの統合を必要とするアプリケーションに最適です。amsは、民生、通信、産業、医療、自動車の各市場に向けて、センサソリューション、センサIC、インターフェースおよび関連ソフトウェアを提供しています。amsは、オーストリアのウンタープレムシュタッテンに本社を置き、グローバルで約9,000人の従業員を有し、8,000のお客様を支援しています。amsは、スイス証券取引所(SIX)に上場(ティッカー・シンボル:AMS)しています。詳細については、https://www.ams.comをご覧ください。

amsはams AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。本プレスリリースで提供される情報は公開時点にて正確であることが確認されており、予告なく変更される場合があります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

amsジャパン株式会社
商号
amsジャパン株式会社(エーエムエスジャパンカブシキガイシャ)
代表者
岩本 桂一(イワモト ケイイチ)
所在地
〒108-0075
東京都港区港南二丁目12番32号 SOUTH PORT品川4階
TEL
03-5781-0881
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
会社HP
https://ams.com/ja/ams-start

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.