2020年01月14日 16:00

エストニア駐在員事務所開設に関するお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マーチャント・バンカーズ株式会社は、令和2年1月14日付で、仮想通貨交換所「ANGOO FINTECH」の、今月末のサービス開始に向けて、エストニア大使 館の協力体制のもと、電子立国を掲げ、官民挙げて、ブロックチェーン・情報セキュリティなどの最 先端の技術に取り組む、エストニアに、駐在員事務所を開設することといたしましたので、ご報告さ せて頂きます。
エストニアの首都タリンに開設する駐在員事務所におきましては、仮想通貨交換(法定通貨から仮 想通貨、仮想通貨から法定通貨、仮想通貨から仮想通貨)、仮想通貨並びに法定通貨による決済・送 金などの金融サービスを行う「ANGOO FINTECH」との連携体制(当社によるバックアップを含む)に より、STOを主軸にした不動産ビジネスを展開するばかりでなく、将来性の期待できる企業への投 資やエストニア企業の日本進出のバックアップなど、当社グループとしてのビジネスを、現地に根差 した形で、本格的に展開してまいります。
エストニアは、インターネット電話サービスの先駆けである「Skype(スカイプ)」誕生の地であり、 2018 年 1 月には、安倍首相が、エストニアとのサイバー対策連携強化を議題に、首都タリンを訪問い たしました。また、その安倍首相や、ローマ法王、メルケル首相などが参加している(2018 年 9 月 26 日付「日刊工業新聞」)ことで知られている e レジデンシー(電子住民)制度や、ブロックチェー ン技術をベースに、行政サービスのほとんどをオンライン化するなど、IT 先進国として、知られてお ります。
「ANGOO FINTECH」は、エストニアの金融当局とも相談し、現地の法規制に万全の対応をしていく ため、2019 年 8 月に予定していたサービス開始を延期いたしました。隣国ラトビアなどを舞台にした 欧州の銀行が関与するロシアを出所としたマネーロンダリングが相次いで発覚する中、「ANGOO FINTECH」として、マネーロンダリング対策を含めた管理体制を見直すとともに、サイバー対策等シ ステムを強化し、厳格な金融規制とされる「MiFIDII」が適用されるEUで、多彩な金融サービスを 展開していくために必要なインフラ整備を行ってきたもので、「ANGOO FINTECH」を運営するエストニ ア法人「Cryptofex OÜ;」におきまして、4 か月強の間、組織・運営体制を整備のうえ、エストニアの 金融当局と協議を重ねた結果、法規制に万全の対応をしていくことができるものと判断し、現在、2020 年 1 月末のサービス開始を目標に、システムの確認等の最終段階の準備を行っております。
サービス開始時期が確定し、2019 年 8 月7日付「MBKブロックチェーン、仮想通貨交換所「ANGOO Fintech」運営会社との業務提携(独占的パートナーシップ)の締結について」でご報告させて頂き ました、「ANGOO FINTECH」での取扱に関する審査手数料並びに EU23 カ国向けのプロモーション手数 料として、すてに受領している米ドル連動型のステーブルコイン (以下、「本件コイン」といいます。)
200 万枚の会計処理に関する確認が取れた時点で、並びに、2020 年 3 月期の業績に与える影響が確定 いたしましたら、速やかにご報告させて頂きます。また、「ANGOO FINTECH」における本件コインの取 扱開始(審査終了)時期につきましても、確認が取れた時点で速やかにお知らせいたします。
また、「ANGOO FINTECH」が、2019 年 8 月のサービス開始を予定していた際には、当社エストニア駐 在員事務所の開設は予定しておりませんでしたが、「ANGOO FINTECH」の万全の運営を支援するため、 また、将来性を期待するエストニアで、不動産・投資といった、当社がグループとして取り組んでい る事業を、本格的に展開してゆくうえで、エストニア大使館の協力等、必要な体制が確保できたこと から、今般、エストニア駐在員事務所を開設することといたしました。
エストニアは、2019 年にはいり、8 月にアマゾンがエストニア法人を登記するなど、グローバル企 業の進出が相次いでおります。日本からは、まだ、大手総合商社の丸紅が事業所を設置しているだけ (以上、2019 年 9 月 24 日付 SBI クリエイティブ社「ビジネス+IT」)で、これに次いで、当社は、 日本人責任者の招聘を済ませ、現地に事務所、寮、おのおのを設置のうえ、当初 1 名が常駐する体制 のもと、将来性を期待するエストニアに進出し、現地に根差した形で事業を展開してまいります。
今回、開設する駐在員事務所の概要は、以下のとおりであります。
(1) 名 称 (2) 所 在 地 (3) 開設予定日 (4) 事業内容
マーチャント・バンカーズ株式会社 エストニア駐在員事務所 未定(タリン市内)
2020年2月中 仮想通貨・法定通貨による決済・送金などの金融サービス等を行う仮想通 貨交換所「ANGOO FINTECH」との連携体制による、STOを主軸にした不動 産ビジネス、企業への投資、エストニア企業の日本進出のバックアップな ど
なお、エストニア駐在員事務所開設に伴う、2020 年 3 月期の業績に与える影響は軽微であります。
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
マーチャント・バンカーズ株式会社(マーチャント・バンカーズカブシキガイシャ)
代表者
一木 茂(イッキ シゲル)
所在地
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング北館7階
TEL
03-5224-4900
業種
その他
上場先
東証二部
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.mbkworld.co.jp
IR情報
https://www.mbkworld.co.jp/irinfo/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.