2020年01月21日 11:00

Akai Professional新製品 スタンドアローンMPC「MPC ONE」のご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンドアローンへ
MPCの伝統、スタンドアローンの操作性をより小さなボディに収めました。
美しいメロディー、パワフルなドラムとグルーヴ感。プロの制作現場では創造力を高めるためのツールが必要です。MPC Oneは音楽制作をスタンドアローンで行なうべく設計されたMusic Production Centerです。その優れたワークフローによりスピーディに音楽を制作することが可能になります。

MPCの機能を踏襲
多くの機能とツールを、小さなサイズの中に凝縮。プログラミング、エディット、ミキシング用FX、インストゥルメントが一切の妥協なく使用でき、充実した音楽制作を実現します。

MPC Xと同じマルチコア・プロセッサを搭載しており、複雑なタスクの処理が可能。また、実際に触ってコントロールするという操作性によりさまざまな音楽制作のタスクに対応します。タッチでのサンプルのエディットやチョップを可能にする鮮明な7インチ・タッチスクリーン・ディスプレイに加え、アサイナブル・ノブとファンクション・キーを使用することにより煩雑なメニュー操作なしにアイデアを具体化することができます。

MPC主要機能を網羅
スタンドアローンMPCに期待するすべてがここにあります。
使いやすさとワークフローの強化を念頭においた綿密な設計が施されており、MPCに期待される機能のすべてを搭載しています。重要なパラメーターにマッピング可能な4基のタッチ・センシティブ・コントロールと大型のデータエンコーダー。豊かな表現力と妥協なきレスポンスを実現する16 ベロシティ/プレッシャー・センシティブRGBパッド。ノート・リピート、フル・レベル、16レベル、トランスポート・コントロールなど、MPCの主要機能を網羅しています。

他の機材との親和性
柔軟なコネクティビティーにより、既存のシステムと容易に統合することが可能です。
現在の制作環境だけではなく、設備が拡大した際にも対応することが可能です。USBコントローラーの接続、1/4インチライン出力を搭載した楽器との接続、MIDI機器やCV/Gateモジュール/ラックのコントロール機能など、機材との接続に関して心配する必要はありません。

MPCソフトウェア2
MPCソフトウェアで拡張する音楽制作環境。
スタンドアローン・モードとコントローラー・モードを搭載しており、MPC 2ソフトウェアを併用することで音楽制作の幅が広がります。MPC 2ソフトウェアは128トラックシーケンス機能、リアルタイム・タイムストレッチ、クリップ・ローンチ機能、高度なMIDI編集、コントローラー・モードにおけるVST互換性、Mac/PCでのスタンドアローン使用、高度なサンプリングとオーディオ編集/録音機能を組み合わせた最先端の制作環境、DAWとのシームレスな統合、再設計されたGUIといった特徴を備えています。コンピューター・ベースの制作という制限からの自由をもたらすスタンドアローン・モードとDAW中心のクリエイティブな探求を実現するコントローラー・モード、MPC OneとMPC 2ソフトウェアにより柔軟な音楽制作が可能になります。

Spliceとの統合
オンデマンド・コンテンツをMPC Oneのスタンドアローン環境で。
MPC OneとSpliceの統合により、サンプルの検索と試聴をシンプルに行なうことができます。Splice Soundsは様々なジャンルをカバーしており、大量の高品質かつロイヤリティフリーのサンプル、サウンド、プリセット、ループを利用することができます。MPC Oneのタッチ・ユーザー・インターフェースで直接Spliceライブラリーにネットワーク・アクセスが可能です。

ストレージと接続
外部メモリーへのアクセス機能と内部ストレージにより、サンプルのインポートをより簡単に行なえます。
内部に4GBのストレージを搭載しています。(ファクトリー・コンテンツ2GB ユーザーエリア2GB)またSDカードやUSBメモリーを使ってご自身のライブラリーにアクセスすることも可能、サウンドの追加も容易です。

充実のコンテンツ
高評価のシンセやミキシングツールから、需要の高いサンプルやループまで、音楽制作に必要なものを揃えました。
MPCの定番サウンドに加え、RawCutz、Sample Tools by CR2、F9、Decap MSX Sound Design、MVP Loopsなどのサウンドデザイナー制作のドラムサウンド&ループライブラリーを付属。またインストゥルメント・プラグインElectric、Tubesynth、Bassline、ミキシング/マスタリング用のAIR FXも装備しており、即座にプロフェッショナルなクオリティーの音楽を制作することができます。

特徴
・PCを使わずにハード本体のみで動作するスタンドアローンMPC
・MPC Live及びMPC Xで採用されたパワフルなマルチコア・システム
・16ベロシティ・センシティブRGBパッド
・7インチ高解像度マルチタッチ・ディスプレイ
・2GB RAM、4GBオンボードストレージ(ファクトリー・コンテンツ2GB ユーザーエリア2GB)
・MPCソフトウェア (付属)のコントローラーとしても機能 (Mac/PC)
・ステレオ・ライン入力
・MIDI In/Out端子
・CV/Gate出力 x8:1/8インチ (3.5mm) TRSケーブル (モノTSケーブル対応)
・USBメモリー及びMIDIコントローラー接続用USB-A 3.0端子 x2

AKAI Professionalとは
Akai Professional は創業以来、ウインドシンセサイザー「EWIシリーズ」やシーケンサー内蔵サンプラー「MPCシリ ーズ」など音楽産業において画期的な電子楽器を開発し、現代音楽シーンに多大なる影響を与えたことで定評のある電子楽器メーカーです。AKAI Professionalは、inMusic Brands(inmusicbrands.com)が擁するブランドのひとつです。

発売日:2020年春頃予定 
市場想定価格:90,000円前後 (*予価のため変更の可能性があります。)
価格:オープンプライス
Webサイト : https://www.akaipro.com/mpc-one

詳細につきましては決定次第順次ご案内させていただきます。
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
inMusic Japan株式会社(インミュージックジャパン)
代表者
Richard Seymour(リチャード・シーモア)
所在地
〒106-0047
東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビルディング6F
TEL
03-6277-2230
業種
その他
上場先
未上場
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.