2020年01月31日 09:00

群馬県伊勢崎YEGと意見交換 ~未来への承継のために事業を重点化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、各地の商工会議所青年部(以下YEG)が抱える悩みや、各地のさまざまな取組や事例等に関する意見交換会として、全国各地のYEGを訪問しています。

2020年1月17日(金)、群馬県伊勢崎YEG(菊池潤一会長)を訪問しました。
伊勢崎YEG菊池会長は、「伊勢崎YEGは、『YEG take over 未来へ承継 そして…』をスローガンに活動している。伊勢崎市は人口20万人を超えており、今もなお人口が増え続けている。同時にYEGも会員数が増え、200名を超えた。しかし伊勢崎YEGには、例会を行っていないため会員のための事業が実施できていない一方で、もんじゃまつり、第34回ミスひまわりコンテスト、いせさきまつりなどのイベントには参画しており、伊勢崎YRGはボランティアのような活動がメインになっている。自企業の発展につなげることがYEGの活動の本質と理解し、未来に向けて活動を重点化していきたい。」と話してくれました。

日本YEG田中会長は、「全国的な傾向を鑑みると、イベント中心の活動は、特定の会員の負担となり、会員減少に拍車がかかる可能性がある。会員が増えている今だからこそ、未来を見据えた事業を取り組むことは非常に重要である。」と話しました。
【商工会議所青年部(YEG)とは】
商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う青年経済人の相互研鑽の場として、また、資質の向上と会員相互の交流を通じて、自企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的としています。
「YEG」とは、商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group=若き企業家集団)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。
2019年5月現在、日本YEGに加入の青年部は418カ所を数え、その会員数は34,000名を超えます。YEGでは、地域の経済的発展の支えとなるべく、全国各地でのコンベンションの開催、地域からの要望や意見を集約し提言を行う活動、経営課題を解決するための事業、講演会・セミナーなどの研修事業、国際的な交流活動などを行っています。
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
日本商工会議所青年部(ニホンショウコウカイギショセイネンブ)
代表者
田中 暢之(タナカ ノブユキ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル4階
TEL
03-3283-7848
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
従業員数
5000名以上
会社HP
https://yeg.jp
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.