2020年02月26日 14:00

日本モレックス、基板対基板コネクター「SlimStackバッテリーシリーズ」に最大11Aの電源供給に対応したリセプタクルとプラグを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年2月26日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は本日、スマートフォンやタブレットPC、携帯型医療機器といった各種モバイル機器のバッテリーや電源用途向け基板対基板コネクター「SlimStackバッテリーシリーズ」に、リセプタクル(207419)およびプラグ(207420)製品を追加しラインアップを拡充しました。

モレックスのSlimStackバッテリーシリーズは、電源ピンと信号ピンの両コンタクトを備えたコンパクトなハイブリッドコネクターであり、電源コネクターに信号用ラインを組み込むことで省スペース化を実現する、0.40mmおよび0.80mmの狭ピッチかつ嵌合高さが0.60~0.80mmと低背な小型製品です。

このたび追加されたリセプタクルとプラグは0.8mmピッチで、最大11Aの電源供給に対応でき、小型化および高電流化が求められるモバイル機器の電源用途に適合しています。

SlimStackバッテリーシリーズ 207419(リセプタクル)/207420(プラグ)の主な特徴

・ 1ピン当たり5.5A通電可能な電源ピンで、最大11Aの電源供給が可能。(信号ピンとして使用も可能で、その際は1ピン当たり0.3A)

・ コンタクトには2面接点のデュアルコンタクト設計を採用し、接触信頼性を確保すると共に、衝撃や振動が加わった際にも確実な接触を維持

・ 位置合わせ(アライメント)エリアを広く確保することで、組立作業の迅速化および高効率化を実現

本コネクターは、スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットPCなどのモバイル機器をはじめ、携帯用の音楽プレーヤーやナビゲーション機器などの民生品、携帯型の患者モニタリング機器や内視鏡用光源、バッテリーなどの医療機器用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/slimstack.html をご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは世界中のお客様に電子ソリューションを提供するため、日々技術革新に取り組んでいる。モレックスは世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、家電、自動車、インダストリアル、医療など数多くの市場に、各種接続システムをはじめとした最適な電子ソリューションとサービスを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.